肝臓がんの原因【肝臓がんの警告】

肝臓がんにはこんな原因があります

普通、がんになる原因として、よく言われるのが生活習慣の乱れです。
バランスの悪い食生活、喫煙、運動不足などがあげられます。

肝臓がんの場合も、もちろん、生活習慣がかかわってきます。
しかし、肝臓がんが他のがんと決定的に違うところは、肝臓がんの原因のほとんどが肝炎ウイルスによるものだということです。
ウイルス性肝炎のウイルスは5種類ありますが、そのうちB型とC型の2種類が肝臓がんの原因となるウイルスです。
肝臓がん患者のうち、約70%の人がC型肝炎ウイルスに、約20%の人がB型肝炎ウイルスに感染しているといわれています。
肝炎ウイルスの症状はなくても、肝炎ウイルスのキャリアも、また肝臓がんにかかるリスクが高いといえます。

肝炎ウイルスに感染し、発症すると、まず慢性肝炎を患います。
さらに進行すると肝硬変となり、その後10年から20年後には、肝臓がんにかかってしまうというケースが多くなります。

肝炎ウイルスに感染した人すべてが肝臓がんにかかるというわけではありません。
しかし、B型肝炎ウイルス感染者、C型肝炎ウイルス感染者、肝臓病の人などは、肝臓がんにかかるリスクが普通の人に比べてとても高くなります。
特に、肝硬変を患った場合、肝臓がんにかかるリスクは極めて高くなりもっとも危険です。

そのほかにも、慢性肝炎や肝硬変などのような慢性的な肝疾患を患っている人も、肝臓がんにかかりやすくなります。
また、家族や血縁関係のある親戚などに肝臓病の人がいる場合も、肝臓がんのリスクが高くなります。

がんの克服方法

肝臓がんの原因【肝臓がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ