肝臓がんの症状【肝臓がんの警告】

肝臓がんにはこんな症状があります

肝臓がんの場合は、同時に肝硬変も併発している状態がほとんどです。

そのため、肝臓がんの症状は、肝硬変の症状と同じになります。

一般的には、肝機能が低下することにより、食欲不振、体重減少、微熱、倦怠感、疲れやすいといった症状が見られます。

肝臓がんのよくある症状としては、クモ状血管腫があります。

クモ状血管腫とは、手のひらが紅色になる症状です。

また、血がとまりにくくなるといった出血傾向になることもあります。

これは、がん細胞によって肝機能が壊され、低下することにより起こります。

肝臓がんが大きくなると、右の上腹部にしこりを感じることがあります。

腹部の膨満感や腹痛の症状がみられることもあります。

これは、がんが大きくなり破裂することにより出血をおこし、そのために起こるのが腹痛です。

また、リンパ管や血管から成分が漏れ、腹水として腹部にたまったり、腹部に膨満感を感じたりすることもあります。

さらには、肝臓の機能低下による黄疸が見られるようになります。

また、肝臓に送られるはずの血液が正常に送られず、他の臓器の静脈に大量に送られると、静脈が大きなこぶのように膨らむ静脈瘤ができたりすることもあります。

さらに静脈に大量の血液が送られると、やがて静脈が破裂し、吐血や下血といったことが起こります。

その他の肝臓がんの症状としては、貧血、便秘、下痢、意識障害などがあります。

≪PR≫
不用品回収のことなら不用品回収 京都にお任せください。
どんなものでも処分します。

がんの克服方法

肝臓がんの症状【肝臓がんの警告】記事一覧

肝臓がんの原因【肝臓がんの警告】

普通、がんになる原因として、よく言われるのが生活習慣の乱れです。バランスの悪い食生活、喫煙、運動不足などがあげられます。肝臓がんの場合も、もちろん、生活習慣がかかわってきます。しかし、肝臓がんが他のがんと決定的に違うところは、肝臓がんの原因のほとんどが肝炎ウイルスによるものだということです。ウイルス...

≫続きを読む

肝臓がんの予防方法【肝臓がんの警告】

肝臓がんの原因の多くは肝炎ウイルスの感染によるものです。肝臓がんにかからないように予防するには、まずこの肝炎ウイルスに感染しないようにすることが大切です。肝炎ウイルスにかからないようにするには、血液に触れる場合はゴム手袋などをする、歯ブラシやカミソリなど、他人の血液がついている可能性のあるものを共有...

≫続きを読む

肝臓がんの治療方法【肝臓がんの警告】

肝臓がんの治療方法は、がんの大きさや肝機能の状態によっても異なってきます。主な治療方法としては、外科的療法と穿刺療法、そして肝動脈塞栓療法の3つの方法があります。外科的療法には2通りあります。肝臓の悪い部分を切除する部分肝切除術と、肝臓をすべて入れ替える肝移植です。穿刺療法には2つの方法があります。...

≫続きを読む

肝臓がんの名医【肝臓がんの警告】

肝臓がんを治すと一言にいっても、肝臓がんの治療方法はとても多くあります。肝臓がんの進行度や肝機能の状態によって、その治療方法も選択していかなければなりません。外科的療法、穿刺療法、そして肝動脈塞栓療法があり、外科的療法にも切除手術や肝移植、穿刺療法にも、経皮的エタノール注入療法とラジオ波焼灼療法など...

≫続きを読む

肝臓がんの手術方法【肝臓がんの警告】

肝臓の外科手術には2通りあります。ひとつは、肝臓の悪い部分を切除する部分肝切除術、もうひとつの方法は、肝臓を移植する肝移植です。肝臓の手術は、がんの進行度とそれに伴う肝機能の状態をよく把握した上で行わなければなりません。肝臓は体の中でもとても重要な部分であり、人間は肝臓がなければ生きてはいけません。...

≫続きを読む

肝臓がんの克服方法【肝臓がんの警告】

肝臓がんを早期で発見し、切除などの手術により完治できた場合、5年後の生存率は約70%だといわれています。これは、発見されたときのがんの進行度によっても異なってきますが、早期に発見されるほど、生存率も高くなっていきことが予想されます。このことからも、定期的に検査を受け、がんを発症してしまった場合は、早...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ