脂肪肉腫の名医【脂肪肉腫の警告】

脂肪肉腫にはこんな名医があります

脂肪肉腫の場合、非常にまれな病気にもかかわらず、非常に多くの種類があります。
それぞれの種類によって、悪性度、進行度も異なり、また患者の年齢や腫瘍の部位などにもよっても治療は異なってきます。
脂肪肉腫には、これといった確立された治療法がないのです。

脂肪肉腫は患者ひとりひとりの状態や症状をよく把握し、その患者にとって最適な治療方針を決めていかなければなりません。
そのため、脂肪肉腫の治療にあたっては、主治医選びが非常に重要になってきます。
脂肪肉腫の症例をできるだけ多く扱った経験のある、経験、技術ともに優れた医師を探さなくてはなりません。
担当医の治療の良し悪しによって、予後の経過や生存率も大きく変わってくることが考えられます。
症例も少ないため、専門医がいる病院は大学病院や総合病院などが多くなります。

脂肪肉腫の場合、通常は整形外科医が担当医となることが多いようです。
しかし、場合によっては、抗がん剤の治療を専門にしている腫瘍内科医の医師に見てもらう方がいい場合もあります。
脂肪肉腫にとって有効な抗がん剤の種類もはっきりと決まっていないのが現実です。
整形外科医よりも、抗がん剤治療を専門にしている医師に治療してもらう方が、その患者に一番合った抗がん剤の種類を選んでくれ、副作用についてもより的確な相談や指導ができる場合もたくさんあります。

たとえば、脂肪肉腫の中でも悪性度が高い種類で、手術のみでは治療ができず、抗がん剤治療などを併用して行わなければならない場合、あるいは、他の部分にまで転移が広がり、抗がん剤による治療しか選択肢がない場合などは、抗がん剤の専門医にお願いした方がいいかもしれません。

また、現在受けている担当医の治療方針にどうしても納得がいかない場合は、腫瘍内科医のセカンドオピニオンを聞くことをおすすめします。

がんの克服方法

脂肪肉腫の名医【脂肪肉腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ