脂肪肉腫の原因【脂肪肉腫の警告】

脂肪肉腫にはこんな原因があります

一般にいう「がん」には、「癌」と「肉腫」の2種類があります。
「癌」とは、内臓、消化管、呼吸器、体表などの内面にできる上皮性の悪性腫瘍のことです。
一方「肉腫」とは、骨、軟骨、血管、筋肉など、上皮以外の組織にできる悪性腫瘍です。
脂肪肉腫は、脂肪や筋肉にできる悪性腫瘍で、軟部肉腫の中では最も多い病気です。

脂肪肉腫を発症するはっきりとした原因は、いまのところまだわかっていません。
しかし、おそらく遺伝子の異常が原因ではないかといわれています。
脂肪肉腫の患者の多くに、染色体転座という現象が見られることからも推測されています。
染色体転座とは、染色体の一部がちぎれ、他の染色体と癒合してしまう現象のことです。

脂肪肉腫の患者にはそれぞれ共通の遺伝子変異が次々に見られることが明らかになっています。
そのことからも、現在、遺伝子レベルでの原因追求に向け、研究が進められています。

脂肪肉腫は、年齢でみると30代から50代にかけて多く発症する例が多くみられます。
特に中年以降に多く発生するようです。
年齢別で見ると、男性の患者の方が多くみられます。

脂肪肉腫の発症と、環境的な要因との関連性も明らかにはされていません。
また、脂肪肉腫は、脂肪のある部分なら体内のどこにでも発生する可能性があります。

がんの克服方法

脂肪肉腫の原因【脂肪肉腫の警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ