白血病の手術方法【白血病の警告】

白血病の治療は主に化学療法や放射線療法で行っていきます。
化学療法や放射線療法を行った後で、骨髄などを移植する移植療法が行われることがあります。
これは、一般に骨髄移植、あるいは造血幹細胞移植といわれている手術です。
この骨髄移植は、抗がん剤投与による治療で治らないケースや、一度治療が終了した後で再発した場合などにも効果的な治療法だとされています。

骨髄移植を行うためには、患者とドナーとの白血球の型が一致していることが絶対条件となります。
運良くドナーが見つかった場合は、骨髄移植が行われます。
これは、ドナーの正常な骨髄細胞を、静脈内に注射することなどにより骨髄を移植する治療法です。
ドナーの正常な骨髄細胞が移植されることにより、患者の体の中の白血球細胞が死滅することが期待されます。
しかし、この骨髄移植にはいくつかのリスクを伴います。
リスクとしては、まず、ドナーの骨髄と患者の骨髄とが完全に適合せずに引き起こされる拒絶反応が考えられます。
これは、移植片対宿主病と呼ばれます。
たとえ、兄弟姉妹間で白血球の型が一致していても、この拒絶反応が起こることがあります。
急性では皮膚や腸、肝臓に、慢性では皮膚、肺、肝臓に、それぞれ自己免疫疾患に似た症状を引き起こします。
なお、血縁者の中にドナーが見つからない場合は、骨髄バンクなどを通してドナーを探すことになります。

がんの克服方法

白血病の手術方法【白血病の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ