白血病の名医【白血病の警告】

白血病にはこんな名医があります

白血病はその治療過程において、合併症のリスクが非常に高くなる病気です。
また、大量の抗がん剤を使って治療を行っていくため、治療後の後遺障害のリスクも高くなります。
そのため、白血病の治療を行うには、ただ治療を行ってくれるだけではなく、患者のQOLを維持させることにも重点をおいた治療をしてくれる医師や病院選びをしなくてはいけません。

納得のいかない治療法の場合には、セカンドオピニオンを聞くことが大切です。
そして、患者の意見や意思を尊重し、最終的な治療方法は患者自身に決定させてくれるようなインフォームド・コンセントを大切にした病院を選ぶようにしましょう。

患者ひとりひとりの体に合わせた抗がん剤を選んでくれる、できるだけ副作用の少ない抗がん剤を探してくれる医師がいいでしょう。
考えられる後遺症については、患者と真剣に話し合い、相談しながら治療を進めていってくれる医師でなければなりません。
ただ、臨床研究だけに熱心で、治療のことしか考えない医師のいる病院は避けましょう。

後遺症は、一生付き合っていかなければならない障害となることもあります。
後悔しないためにも、治療の前に必ず医師と話し合い、治療方法を決めていきましょう。

がんの克服方法

白血病の名医【白血病の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ