白血病の予防方法【白血病の警告】

白血病にはこんな予防方法があります

白血病を発症するメカニズムはまだまだ解明がなされていません。
そのため、いまのところ確実な予防方法というものはありません。

成人T細胞性白血病というウイルス性白血病の場合、原因はレトロウイルスの一種であるHTLV-1の感染が原因であるということがわかっています。
そのため、このHTLV-1に感染しないように気をつけることが発症予防になります。
感染原因としては、性交渉による感染、母体を介しての感染があげられます。
性交渉による感染の場合は、男性の精液中を通して女性へ感染するというケースです。
これを予防するためには、コンドームを使用するというような予防策が考えられます。

また、母親がHTLV-1のキャリアの場合、授乳を通して子供に感染する可能性があります。
母親がキャリアの可能性が高い場合には、人工授乳などによる授乳にするなどの予防策をとることが重要です。

HTLV-1ウイルスは、血中には存在せず、細胞から細胞へと感染していきます。
そのため、感染経路は限られており、母子感染、性行為感染、そして輸血感染の3つです。
これらの感染ルートを通して感染しないようにすれば、ウイルス感染が原因で発症するウイルス性の白血病の予防はできるでしょう。

もしも白血病にかかったとしても、白血病は不治の病ではありません。
早期の段階で治療を行えば、治る病気だといわれています。
そのためにも、定期的な血液検査は受けるようにしましょう。

がんの克服方法

白血病の予防方法【白血病の警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ