白血病の原因【白血病の警告】

白血病にはこんな原因があります

白血病は、赤血球や白血球のもとになる造血幹細胞ががん化してしまうことにより発症します。
造血幹細胞ががん化することにより血液中や骨髄中に白血病細胞が増殖し、その結果、血液のそれぞれが機能できなくなってしまうのです。

造血幹細胞ががん化してしまう原因としては、明確なことはまだ解明されていません。
しかし、ほかのいくつかのがんの原因と同様に、遺伝子の異常によるものが原因のひとつであると考えられています。
白血病の中でも特に、慢性骨髄性白血病は、染色体の異常により発症するともいわれています。

そのほかの原因としては、放射線の被曝による発症が考えられます。
また、ある種の抗がん剤などの薬剤も発症の原因にあげられます。
HTLV-IやEBウイルスなどのウイルス、ベンゼンやトルエンなどの有害な化学物質なども白血病を発症する要因となります。
もちろん、これらの要因はあくまでも要因で、必ずしも白血病を発症するというものではありません。

先天的な要因としては、「ダウン症候群」、「ファンコニー貧血」、「ブルーム症候群」などの遺伝子異常の病気をもつ人は、白血病を発症するリスクが高くなるといわれています。

一方、一般的に白血病は遺伝しません。
家族や親戚に白血病になった人がいるからといって、白血病になるリスクが高くなるというようなことはありません。

がんの克服方法

白血病の原因【白血病の警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ