白血病の症状【白血病の警告】

白血病にはこんな症状があります

白血病の症状はさまざまあり、白血病に特有の症状があるというわけではありません。
また、白血病の種類が、急性白血病か、慢性白血病かによっても症状は異なってきます。
また細胞の種類によっても、骨髄系の細胞から発症する骨髄性白血病と、リンパ球の細胞から発症するリンパ性白血病とに分かれ、症状も異なってきます。

急性白血病の症状としては、貧血、全身のだるさ、動悸や息切れ、顔面蒼白などといった症状があげられます。
これらの症状は、骨髄中でがん化した白血病細胞が異常に増殖した結果、酸素を運ぶ役割をする赤血球をはじめ、白血球、血小板などが減少してしまうことにより起こります。

赤血球が減少することにより、血液が酸素不足となり、貧血になったり、全身がだるく感じたりするようになります。
顔面蒼白といった症状があらわれることもあります。
また、ちょっとした動作でもすぐに息切れをおこしたり、動悸、めまいがしたりするようになります。

白血球が減少することにより、感染症にかかりやすくなります。
感染症の症状としては、発熱があげられます。
発熱の症状は、白血病細胞が増えることによってもおこります。

血小板が減少することにより、血が止まりにくくなったり、鼻血や出血、歯肉出欠がみられるようになります。
また、内出血による青あざが増えるようになることもあります。

骨髄中で白血病細胞が増えると、骨や関節にまで痛みを感じることがあります。
また、白血球細胞が他の臓器にまで広がると、リンパ節が腫れたり、肝臓や脾臓などが大きくなったりします。
さらに白血球細胞が脳や脊髄にまで広がると、頭痛や吐き気を伴ったりします。

一方、慢性白血病の症状は、急性白血病に比べ、進行がゆるやかなため、初期の段階ではほとんど自覚症状があらわないことが多くなります。
慢性骨髄性白血病の場合には、さらに病気が進むと、体のだるさ、体重減少、上腹部の不快感、腹部の膨満感などの症状があり、ほとんどの人に、脾臓の腫れがあらわれます。
慢性リンパ性白血病では、リンパ節の腫れがみられます。
さらには、免疫力の低下によりウイルス等に感染しやすくなり、免疫系の病気と合併症を起こす危険もあります。

がんの克服方法

白血病の症状【白血病の警告】記事一覧

白血病の原因【白血病の警告】

白血病は、赤血球や白血球のもとになる造血幹細胞ががん化してしまうことにより発症します。造血幹細胞ががん化することにより血液中や骨髄中に白血病細胞が増殖し、その結果、血液のそれぞれが機能できなくなってしまうのです。造血幹細胞ががん化してしまう原因としては、明確なことはまだ解明されていません。しかし、ほ...

≫続きを読む

白血病の予防方法【白血病の警告】

白血病を発症するメカニズムはまだまだ解明がなされていません。そのため、いまのところ確実な予防方法というものはありません。成人T細胞性白血病というウイルス性白血病の場合、原因はレトロウイルスの一種であるHTLV-1の感染が原因であるということがわかっています。そのため、このHTLV-1に感染しないよう...

≫続きを読む

白血病の治療方法【白血病の警告】

白血病の治療方法は、白血病の種類によって異なってきます。急性白血病の場合は、抗がん剤投与による化学療法が主な治療法になります。まず初発時の治療法として、寛解導入療法を行います。初発時は、完全寛解を目指して行われるため、非常に強い抗がん剤を投与していきます。治療は感染を防ぐために、無菌室で行われます。...

≫続きを読む

白血病の名医【白血病の警告】

白血病はその治療過程において、合併症のリスクが非常に高くなる病気です。また、大量の抗がん剤を使って治療を行っていくため、治療後の後遺障害のリスクも高くなります。そのため、白血病の治療を行うには、ただ治療を行ってくれるだけではなく、患者のQOLを維持させることにも重点をおいた治療をしてくれる医師や病院...

≫続きを読む

白血病の手術方法【白血病の警告】

白血病の治療は主に化学療法や放射線療法で行っていきます。化学療法や放射線療法を行った後で、骨髄などを移植する移植療法が行われることがあります。これは、一般に骨髄移植、あるいは造血幹細胞移植といわれている手術です。この骨髄移植は、抗がん剤投与による治療で治らないケースや、一度治療が終了した後で再発した...

≫続きを読む

白血病の克服方法【白血病の警告】

白血病の治療が成功し、完全寛解の状態が3年以上続けば、再発の危険はほとんどなくなると言われています。また、5年たてば、完全に治癒したといえます。しかし、完全寛解を目指すための抗がん剤治療は、非常に大量の抗がん剤を使って治療を行っていくため、その後遺症は残ることになります。たとえば、極めて高い確率で、...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ