喉頭がんの克服方法【喉頭がんの警告】

喉頭がんにはこんな克服方法があります

喉頭がんの治療成果は、ほかの種類のがんにくらべ、高い成果をあげています。
喉頭がんの中でももっとも多い声帯がんの場合、かなり進行が進んでしまってからの治療でも、5年後生存率は約76%にもなります。
喉頭がんはそれほどまでに生存率の高いがんといえます。

喉頭がんが早期に発見され、放射線治療だけで治った人は、その状態を維持するためにも必ず定期的に検査を受けましょう。
そして、喉頭がんの原因ともなる喫煙や飲酒は控え、食事にも気を配りましょう。
がん細胞はなくなったとはいっても、いつまた再発するかわかりません。

一方、声帯をすべて切除してしまった結果、声を失ってしまった方も多くいるかもしれません。
喉に穴を開けて呼吸を行うことにより、入浴するときにも湯船につかることもできなくなります。
声帯を切除した場合、そのほかにも様々な後遺症に悩まされることになるでしょう。
手術により多くの後遺症が残ってしまった方は、その後の人生において、たとえがんを克服したとしても、一生、不便を強いられていきていくことになります。
身体障害者として扱われることになり、病気になる前の患者の職業や社会的なステータスの違いにもよりますが、精神的な負担も相当なものになると思われます。

しかし、声が出なくなることによって、一生手話によるコミュニケーションをとるという選択もありますが、そのほかにも代用音声を習得することもできます。
代用音声とは、具体的には食道発声法を用いる方法や、人工器具を用いて発声する方法などです。
これらの代用音声の中から、自分に一番合った方法を選択するということもできます。
以前のように自分の声を出すことはできなくなりますが、このように代用音声を利用することによって、音声による言葉でコミュニケーションを続けていくことはできるのです。

術後の生活については、主治医ともよく相談してから決めていきましょう。
手術を受ける前とまったく同じ生活は送れなくなるかもしれません。
しかし、術後の経過をじっくりと観察しながら、焦らず前向きに回復を見守っていくことで、がんの克服はきっとできるはずです。

がんの克服方法

喉頭がんの克服方法【喉頭がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ