喉頭がんの名医【喉頭がんの警告】

喉頭がんにはこんな名医があります

喉頭がんの治療を受けるにあたっては、患者の誰もが、できる限り自分の声の機能を残した治療をおこないたいと願うことでしょう。
声帯を温存させることができるかどうかというのは、喉頭がんの進行具合や部位などによっても異なってきます。
当然、早期の段階で喉頭がんが発見されれば、声帯を残すことができる可能性も高くなります。

たとえば、ひとつの病院で、手術によって声帯をすべて切除する方法しかないと宣言されたとしてもあきらめてはいけません。
治療方法にどうしても納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを聞くことが大切です。
最近の喉頭がんの手術では、できるだけ声の機能を温存させようとする病院や医師も多くなっています。
あきらめずに、いくつかの病院をあたり、声の機能を温存できる手術をおこなってくれる医師を探しましょう。

しかし、いくら声の機能を温存させる手術を行ってくれるとしても、声帯を残すことにより、がんの再発の可能性が高くなるような治療では安心はできません。
最近では、声帯を含む喉頭の大部分を切除しながらも、声を残すことのできる手術方法もあります。
そういった最近の技術を持っている病院や医師を探すようにしましょう。
安易に医師を選んでしまっては、その後の人生で大きな後悔をすることにもなりかねません。

信頼のおける医師が見つかったら、治療法について医師とじっくり話し合うことが重要です。
術後の具体的な後遺症についても必ず確認しておくようにしましょう。

がんの克服方法

喉頭がんの名医【喉頭がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ