喉頭がんの予防方法【喉頭がんの警告】

喉頭がんにはこんな予防方法があります

喉頭がんの患者は圧倒的に男性が多く、女性の約10倍だといいます。
年齢別でみると、60歳台から70歳台がピークのようです。
しかし、最近の傾向として、喫煙をする女性が増えてきたことにより、女性の喉頭がん患者の数も増えてきました。
いずれにしても、喫煙が大きな要因となっていることが認められます。

喉頭がんはがんの種類によっては、比較的早期の段階で症状があらわれやすく、発見もしやすい病気だといえます。
喉頭がんの初期症状は、声がれや喉の痛みといったように、風邪の症状とよく似ています。
風邪の場合は何日かしたらよくなってきますが、喉頭がんの場合は治療をしない限り、症状はよくなりません。
このような風邪に似た症状が長く続くようであれば、できるだけ早めに病院を受診することをおすすめします。

喉頭がんの一番の危険要因は喫煙です。
喫煙を長年の習慣としている人は、禁煙することが最大の予防策となります。
長年の習慣をすぐにやめるということは簡単なことではないと思いますが、少しずつタバコの本数を減らすなどしながら徐々に禁煙の習慣をつけるのがよいでしょう。

タバコを吸わない人も安心はできません。
家族や身近なところに喫煙者がいる人は、受動喫煙の可能性もあります。
できるだけタバコの煙を吸わないように気をつけましょう。

また、普段からアルコールをたくさん飲む人も、量を控える努力をしましょう。
刺激のある食べ物などの摂取もできるだけ控えましょう。
このように、喉頭の粘膜を傷つけるような生活習慣を減らしていくことが何よりも大切です。

喉頭がんの発症原因と考えられる危険因子は、同様に、咽頭がん、食道がん、舌がんといったがんの危険因子とも共通します。
喉頭がんの予防につとめることで、同時にそのほかのがんの予防にもなるのです。

さらには、普段から仕事などで大声を出して、喉頭を酷使している人は、仕事以外の時間では喉をいたわり、声帯を休ませることが大切です。
部屋の中の湿度を調節したり、喉にいい飲み物を飲んだりして、喉をいたわってあげましょう。

その他には、大気汚染の激しい場所に行くのはできるだけ避けることも予防には有効です。
アスベストなども、喉頭がんのリスクを高くするといわれています。

これらのことに注意し、普段から健康を意識しながら生活することが大切です。
また、声がかれる、喉が痛いといった症状が長く続くようであれば、風邪だと軽く見ずに、早めに専門医の診断を受けましょう。

がんの克服方法

喉頭がんの予防方法【喉頭がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ