喉頭がんの原因【喉頭がんの警告】

喉頭がんにはこんな原因があります

喉頭がんの発症原因として考えられる要因はいくつかありますが、その中でももっとも危険な要因として考えられるのが、「タバコ」と「アルコール」です。
特に、タバコと喉頭がんとの因果関係ははっきりとしています。
喉頭がん患者のうち、90%が喫煙者であるという事実からもタバコの影響の大きさがうかがえます。
長年、習慣的に喫煙をしている人、ヘビースモーカーの人は特に要注意です。

普段から強いアルコール類を多く摂取する習慣のある人も要注意です。
特に声帯上がんの場合は、アルコールとの因果関係が強くなります。
また、香辛料などのたくさん入った刺激のある食べ物、極端に熱いものや極端に冷たいものを好んで摂取する人も、喉頭がんにかかるリスクが高くなります。
アルコールや刺激のある食べ物の摂取といった食生活を長年にわたり続けることによって、喉頭の粘膜が傷つけられ、細胞ががん化しやすくなるのです。
喫煙も飲酒もして、さらに辛い食べ物も大好きという人は、非常に高いリスクを抱えているといえます。

また、自分はタバコを吸わないという人も、家族や身近な人にヘビースモーカーの人がいて、間接的にいつもタバコの煙を吸っているという人も注意が必要です。
タバコの煙を長年にわたって吸い続けることで、喫煙と同じ影響を受けることになります。

普段から大きな声をよく出し、喉を痛めることが多い人も、喉頭がんのリスクが高いと言われています。
喉を酷使する職業の人には喉頭がんにかかる人が多くなる傾向があるようです。

また、喉頭がんの発症は遺伝によるものも考えられます。
家族や身近な親戚の中に喉頭がんにかかった人がいる人は発症のリスクも高くなります。

がんの克服方法

喉頭がんの原因【喉頭がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ