喉頭がんの症状【喉頭がんの警告】

喉頭がんにはこんな症状があります

喉頭とはいわゆる「のどぼとけ」のことです。
喉頭がんはがんのできる部位によって3つの種類にわけられます。
声帯にできるがん、声帯の上にできる声帯上がん、そして声帯の下にできる声帯下がんの3つです。
これら3つの部位によって、がんの症状や進行度は異なります。
比率でみると、声帯がんの割合がもっとも多く、全体の60~65%、次に多いのが声帯上がんで30~35%、最も少ないのが声帯下がんで1~2%となります。

部位別に症状をみていくことにしましょう。
声帯がんの場合、最初に現れる症状の代表的なものは、声がかれる、嗄声(させい)といわれる症状です。
また、のどに違和感を感じ、のどがイガイガする感じがします。
この症状は、声帯がんの患者のほとんどにあらわれます。
風邪の症状とも似ていますが、この症状が1ヶ月以上も続くようであれば要注意です。
進行すると、血痰が出たり、ものを飲み込むときに痛みを感じたりといった嚥下時痛があらわれます。
さらに進行が進むと、呼吸困難といった症状もあらわれます。

声帯上がんの症状としては、喉の異物感があげられます。
また、ものを飲み込むときに痛みが感じるようになります。
声帯上がんは、リンパ節への転移が早いため、比較的早期の段階から首のリンパ節が腫れることがあります。
がんが進行すると、声帯がんと同様に、嗄声(させい)や呼吸困難といった症状があらわれます。

声帯下がんの場合は、初期の段階で症状があらわれにくく、自覚症状がほとんどありません。
そのため、声帯がん、声帯上がんとくらべると、発見が遅れる傾向があります。
進行すると、他の部位と同様に、血痰、嗄声(させい)や呼吸困難の症状があられます。

がんの克服方法

喉頭がんの症状【喉頭がんの警告】記事一覧

喉頭がんの原因【喉頭がんの警告】

喉頭がんの発症原因として考えられる要因はいくつかありますが、その中でももっとも危険な要因として考えられるのが、「タバコ」と「アルコール」です。特に、タバコと喉頭がんとの因果関係ははっきりとしています。喉頭がん患者のうち、90%が喫煙者であるという事実からもタバコの影響の大きさがうかがえます。長年、習...

≫続きを読む

喉頭がんの予防方法【喉頭がんの警告】

喉頭がんの患者は圧倒的に男性が多く、女性の約10倍だといいます。年齢別でみると、60歳台から70歳台がピークのようです。しかし、最近の傾向として、喫煙をする女性が増えてきたことにより、女性の喉頭がん患者の数も増えてきました。いずれにしても、喫煙が大きな要因となっていることが認められます。喉頭がんはが...

≫続きを読む

喉頭がんの治療方法【喉頭がんの警告】

喉頭がんの治療方法は、外科療法と放射線療法の2つが中心になります。喉頭がんの場合、抗がん剤単体での治療は効果が期待できないため行いません。抗がん剤を使った化学療法は、がんの進行具合や部位、また患者の年齢や状態なども考慮しながら、放射線療法と組み合わせておこなっていきます。放射線療法は、体の外から喉頭...

≫続きを読む

喉頭がんの名医【喉頭がんの警告】

喉頭がんの治療を受けるにあたっては、患者の誰もが、できる限り自分の声の機能を残した治療をおこないたいと願うことでしょう。声帯を温存させることができるかどうかというのは、喉頭がんの進行具合や部位などによっても異なってきます。当然、早期の段階で喉頭がんが発見されれば、声帯を残すことができる可能性も高くな...

≫続きを読む

喉頭がんの手術方法【喉頭がんの警告】

通常の喉頭がんの治療では、早期の段階の治療には放射線治療、その他の進行した喉頭がんの治療には喉頭全摘術が行われます。喉頭全摘術は、声帯を含む喉頭部分をすべて切除してしまう手術です。進行が進んだ喉頭がんの場合、この手術方法がとられます。この手術で声帯をすべて切除することにより、声を失うことになります。...

≫続きを読む

喉頭がんの克服方法【喉頭がんの警告】

喉頭がんの治療成果は、ほかの種類のがんにくらべ、高い成果をあげています。喉頭がんの中でももっとも多い声帯がんの場合、かなり進行が進んでしまってからの治療でも、5年後生存率は約76%にもなります。喉頭がんはそれほどまでに生存率の高いがんといえます。喉頭がんが早期に発見され、放射線治療だけで治った人は、...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ