腎臓がんの克服方法【腎臓がんの警告】

腎臓がんにはこんな克服方法があります

一般にがんの場合、予後5年の生存率がよく言われます。
治療後、5年を過ぎれば再発の可能性も低くなり、がんは治ったと判断されます。
しかし、腎臓がんの場合は注意が必要です。
腎臓がんは進行速度が遅いがんです。
そのため、治療により治癒したとしても、すぐに再発するとは限らないのです。
5年たって再発しなくても、10年後に再発する可能性も高くなります。
このことが、腎臓がんの恐ろしさともいえる問題です。

腎臓がんの再発を防ぐためには、定期的に検査を受けることが必要です。
忘れかけたころに再発するのを防ぐためにも、検査は長期間にわたりずっと受け続けていかなければなりません。

腎臓がんの大きな特徴のひとつとして、再発しやすいということがあげられます。
腎臓がんの場合は、たとえ手術により主要部分を切除したとしても、実は目に見えないくらいの小さながん細胞がそのまわりに残っている可能性がとても高いのです。
このように、大きな腫瘍のまわりにある小さな目にみえないがん細胞があることを「衛星病変」とよびます。

また、腎臓という場所は多くの血液が集まってくるところです。
そのため、腎臓にがん細胞が残っていると、そのがん細胞が血液に流されて全身に運ばれやすくなるのです。
特に、肺、肝臓、骨といった部分に転移しやすいといえます。

以上のような腎臓がんの特徴をしっかりと把握した上で再発を予防していくことが、腎臓がんを克服するためには必要となります。

がんの克服方法

腎臓がんの克服方法【腎臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ