腎臓がんの手術方法【腎臓がんの警告】

腎臓がんにはこんな手術方法があります

腎臓がんの手術方法は、がんの大きさによって異なります。
一般にがんの大きさが4センチ未満か、4センチ以上かが治療法を決める目安となります。

がんの大きさが4センチ未満の場合は、腎臓温存手術が行われます。
腎臓温存手術は、病巣部を含め腎臓を部分的に切除する手術です。
腎臓を温存するメリットとしては、腎不全になる危険性を避けるためです。
今後の生活の中で、生活習慣病により高血圧や腎機能の低下により腎不全になる恐れがあります。
または、腎臓に結石ができることでも腎不全となります。
腎臓を温存することで、このようなリスクはなくなります。
また、がんが4センチ未満の場合、腎臓を温存しても、術後にがんが再発する確率や生存率は、腎臓を全部摘出した場合とほとんど変わらないというデータがあります。
腎臓温存手術は、通常、開腹手術で行います。

がんが4センチ以上の場合は、根治的腎摘除術が標準的に行われます。
根治的腎摘除術とは、腎臓以外にも、副腎や腎臓の周囲の組織も含めてすべて切除する手術です。

がんが4センチ未満の根治的腎摘除術は、通常、腹腔鏡下手術で行われます。
腹腔鏡下手術は、腹壁に小さな穴を開け、そこに内視鏡などを挿入して行う手術です。
開腹手術に比べ、手術にかかる時間は長くなりますが、術後の痛みは軽く、患者への負担も少なくてすみます。
退院や社会復帰もそれだけはやくできるようになります。

進行が進み、がんが7センチ以上の大きさになると、腎臓温存手術は行えなくなり、根治的腎摘除術のみになります。
また、この段階になると、根治的腎摘除術も腹腔鏡下手術では難しくなり、開腹による手術方法になります。

がんがリンパ節にまで転移しているかしていないかによっても手術方法は異なってきます。
リンパ節に転移が見られない場合は、通常の根治的腎摘除術を行います。
一方、がんがリンパ節にまで転移している場合は、根治的腎摘除術に加え、リンパ節の郭清も行います。

腎臓がんはリンパ節に転移する確率が低く、約10%以下の転移率です。
そのため、転移が見られない限り、患者に負担のかかるリンパ節郭清は、できるだけ行わないのが普通です。

がんの克服方法

腎臓がんの手術方法【腎臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ