腎臓がんの名医【腎臓がんの警告】

腎臓がんにはこんな名医があります

腎臓がんは初期の段階では自覚症状があらわれないため、発見されたときにはすでに進行しているというパターンがかつては多くみられました。
しかし、最近では超音波検査のような画像検査で、ごく小さながん細胞も発見できるようになりました。
そのおかげで全く自覚症状のあらわれない早期の時期に腎臓がんを発見できるようになりました。
早期の段階で発見できる患者が増えたため、手術も腎臓をすべて摘出せず、一部だけを切除し残りは温存しておく腎臓温存手術も多く行われるようになってきました。

 

早期に発見できた場合は、開腹手術を行わず、内視鏡による腹腔鏡手術も多く行われています。
内視鏡による腹腔鏡手術は、患者の体の負担も軽くてすみます。
腹腔鏡手術は、難しい技術を必要とするため、多くの症例を見てきた医師に担当してもらうのが一番いいでしょう。
担当医を探す場合は、腹腔鏡手術に積極的で多くの患者の手術を経験し、実績のある医師のいる病院を探すとよいでしょう。

 

腎臓がんは進行が遅く、治癒後、10年、20年経ってからがんが再発することもある病気です。
そういった腎臓がんの特徴を熟知し、治療後も長期間にわたり相談にのってくれるような医師がよいでしょう。

 

腎臓がんは進行が遅く、もし腎臓がんを発見しても、他のがんのようにすごく急ぐ必要はありません。
もちろん早く治療するに越したことはありませんが、セカンドオピニオンを聞いたりしながら、ある程度じっくりと主治医選びや治療方針を考えていくことができます。
焦って医師や病院を決めてしまうのはやめましょう。

 

担当する医師は、患者の意見や話を真剣に聞き、よく相談に乗ってくれる医師がよいでしょう。
また、治療後の患者のQOLを維持することに重点を置いた治療を行ってくれる医師を選びましょう。

がんの克服方法

腎臓がんの名医【腎臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ