腎臓がんの治療方法【腎臓がんの警告】

腎臓がんにはこんな治療方法があります

腎臓がんの治療の基本は手術です。
手術方法は、がんの大きさによっていくつかの方法があります。

一方で、腎臓がんの場合、抗がん剤はあまり効かないといわれます。
抗がん剤は、進行の速い活発ながん細胞に対して効果を発揮するといわれています。
腎臓がんは比較的ゆっくり進行していくがんのため、抗がん剤が効きにくいのです。

また、腎臓がんの治療では、免疫療法が効果を発揮すると言われています。
免疫療法は、人間が本来持っている免疫機能を高めることで、体のがん細胞を死滅させようとする治療法です。
具体的には、インターフェロンを投与したり、患者の体から採取したリンパ球を増殖させ、それを再び体の中に戻す方法などが行われています。

動脈塞栓術という治療方法もあります。
これは、進行がかなり進み、手術ができない場合、あるいは、高齢の患者や内科的に疾患のある患者に対して、緩和療法として行われます。
動脈塞栓術は、カテーテルなどの細いチューブを使い、特殊なスポンジを腎臓へとつながる血管の中に注入します。
そして腎臓への血流を遮断することでがん細胞を死滅させようとする治療方法です。

また、腎臓がんの治療法として、凍結療法とラジオ波焼灼療法とがあります。
これらの治療法は、患者への負担が少なく、新しい治療法として注目を集めています。

凍結療法は、金属製の針の先端をマイナス185度に凍結させ、その部分をがん細胞に当てることでがんを死滅させようとする方法です。
治療は約30分程度で終わり、局所麻酔で行います。

一方、ラジオ波焼灼療法は、ラジオ波と呼ばれる高周波の電流をがん細胞に照射することでがん細胞を破壊しようとする方法です。
がん細胞に直径2ミリくらいの針を刺し、そこに電流を約12分間ほど当てて治療します。
治療は局所麻酔ですみ、3~4日程度の入院で退院できます。

がんの克服方法

腎臓がんの治療方法【腎臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ