腎臓がんの原因【腎臓がんの警告】

腎臓がんにはこんな原因があります

腎臓がんのはっきりとした原因はいまのところわかっていませんが、いくつかの考えられる要因はあります。
まず、遺伝的要因があげられます。
家族や血縁関係のある親戚の中に過去に腎臓がんを発症した人がいる人は、腎臓がんを発症しやすい家系であるといえます。
腎臓がんを発症するリスクも高くなると思われます。

最近では、フォンヒッペルリンダウ病とよばれる遺伝病が、腎臓がんを発症させる要因ではないかとして注目を集めています。
フォンヒッペルリンダウ病とは、血管が異常に大きくなっていく遺伝病です。
この病気に関連している遺伝子を持っている人は、腎臓がんにかかりやすいと考えられます。
そのため、これらの遺伝子を持っているかどうかを検査することで、腎臓がんを発症する可能性を事前に調べることもできるといわれています。

長期間にわたり、腎臓透析を受けている人の中にも、多くの人が腎臓がんを発症しているというデータがあります。
長期透析を受けている人が、萎縮腎とよばれる、腎臓が硬くなって縮んだ状態になると、がんを発症しやすくなると考えられています。

また、尿細管の内側にある細胞が何らかの原因で突然変異を起こし、その結果腎臓がんを発症するともいわれています。

他のがんと同様、生活習慣も腎臓がんの発症に影響をあたえると考えられます。
特に肥満は、腎臓がんを発症する大きな危険リスクのひとつといえます。
高脂質、高たんぱくの食事を過剰に摂取することは肥満にもつながり、腎臓がんの発症リスクを高めることになります。
喫煙の習慣や、過剰飲酒なども要注意です。

がんの克服方法

腎臓がんの原因【腎臓がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ