腎臓がんの症状【腎臓がんの警告】

腎臓がんにはこんな症状があります

腎臓がんの症状は、ほかのがんと同様、初期の段階では無症状です。

腫瘍が大きくなり、進行してくるといくつかの症状があらわれはじめます。
腎臓がんの主な症状としては、出血による血尿、腹痛、わき腹の腫れや痛みなどがあります。
これらの症状は、腎臓がんの3大兆候ともいわれています。

血尿に関しては、最初のうちは目で見てもほとんどわからない程度です。
痛みなどの症状もありません。
血尿は多くの場合、尿検査をしないと発見できないことが多いようです。

その他の症状としては、全身の倦怠感、貧血、高血圧、体重減少、食欲不振などがあげられます。
このような症状があらわれ始めたら、がんはかなり進行していることが考えられます。

腎臓がんは、初期の段階ではほとんど痛みを感じませんが、進行が進むにつれて徐々に痛みを感じるようになります。
痛みは、鈍痛から激しい痛みまであります。

さらに進行し、腎臓がんが他の臓器にまで転移すると、さまざまな症状があらわれます。
がんが肺に転移した場合は、血痰、咳などの症状があらわれます。
また、骨にまで転移がおよんだ場合、痛みやしびれを感じることがあります。
このような症状があらわれたときには、腎臓がんはかなり進行しており、深刻な状態だと思われます。

がんの克服方法

腎臓がんの症状【腎臓がんの警告】記事一覧

腎臓がんの原因【腎臓がんの警告】

腎臓がんのはっきりとした原因はいまのところわかっていませんが、いくつかの考えられる要因はあります。まず、遺伝的要因があげられます。家族や血縁関係のある親戚の中に過去に腎臓がんを発症した人がいる人は、腎臓がんを発症しやすい家系であるといえます。腎臓がんを発症するリスクも高くなると思われます。最近では、...

≫続きを読む

腎臓がんの予防方法【腎臓がんの警告】

腎臓がんの予防として、定期的に健康診断を受けることは重要なことです。腎臓がんの場合、最近では、人間ドッグでの超音波検査やCTスキャン、また、他の病気で病院を受診した際などにも発見されることが多くなったと言われています。超音波検査のような画像検査では、腎臓がんのごく小さな腫瘍でも発見が可能になりました...

≫続きを読む

腎臓がんの治療方法【腎臓がんの警告】

腎臓がんの治療の基本は手術です。手術方法は、がんの大きさによっていくつかの方法があります。一方で、腎臓がんの場合、抗がん剤はあまり効かないといわれます。抗がん剤は、進行の速い活発ながん細胞に対して効果を発揮するといわれています。腎臓がんは比較的ゆっくり進行していくがんのため、抗がん剤が効きにくいので...

≫続きを読む

腎臓がんの名医【腎臓がんの警告】

腎臓がんは初期の段階では自覚症状があらわれないため、発見されたときにはすでに進行しているというパターンがかつては多くみられました。しかし、最近では超音波検査のような画像検査で、ごく小さながん細胞も発見できるようになりました。そのおかげで全く自覚症状のあらわれない早期の時期に腎臓がんを発見できるように...

≫続きを読む

腎臓がんの手術方法【腎臓がんの警告】

腎臓がんの手術方法は、がんの大きさによって異なります。一般にがんの大きさが4センチ未満か、4センチ以上かが治療法を決める目安となります。がんの大きさが4センチ未満の場合は、腎臓温存手術が行われます。腎臓温存手術は、病巣部を含め腎臓を部分的に切除する手術です。腎臓を温存するメリットとしては、腎不全にな...

≫続きを読む

腎臓がんの克服方法【腎臓がんの警告】

一般にがんの場合、予後5年の生存率がよく言われます。治療後、5年を過ぎれば再発の可能性も低くなり、がんは治ったと判断されます。しかし、腎臓がんの場合は注意が必要です。腎臓がんは進行速度が遅いがんです。そのため、治療により治癒したとしても、すぐに再発するとは限らないのです。5年たって再発しなくても、1...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ