大腸がんの名医【大腸がんの警告】

大腸がんにはこんな名医があります

大腸がんは、悲観的ながんではなく、克服できるがんです。
大腸がんは早期に発見できた場合、その完治率はほぼ100%と言われています。

そのため、いわゆる名医と言われる医師でなくても、がんを完治させることはできます。
大腸がんの場合、初期の段階においては、名医でなければならないという状況は限られるでしょう。

しかし、いくら克服できるといっても、それはあくまでも早期の段階で適切な治療ができた場合のことです。
大腸がんが進行している場合、または末期状態の場合は、たとえ名医に担当してもらったとしても、そう簡単には解決できない問題になってしまっている可能性もあります。

もちろん、末期の段階で、治癒する見込みが少ないと思われていた状態でも、名医の腕のおかげで治癒する可能性もあります。
そのため、大腸がんがかなり進行してしまっている場合、あるいはすでに末期の段階でも、決してあきらめてはいけません。

また、ひとりの医師の意見に納得できない場合は、セカンドオピニオンとして別の医師の意見も聞くことが大切です。
別の医師の意見を聞くことにより、回復できる可能性が見出せることもあります。
専門医とよく相談して、納得した上で、今後の治療について決めていくことが大切です。

がんの克服方法

大腸がんの名医【大腸がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ