大腸がんの予防方法【大腸がんの警告】

大腸がんにはこんな予防方法があります

大腸がんの発症と普段の食生活は密接な関係にあると言われています。
そのため、大腸がんを予防するには、まず食生活を見直すことが非常に重要です。
大腸がんのリスクを上げるものはなるべく量をひかえるようにし、反対にリスクを低下させる働きのある食物を積極的に摂取するようにしましょう。

大腸がんのリスクをあげる食品としては、動物性脂質、動物性たんぱく質があげられます。
これらを摂取するときには、肉なら赤みの肉を選び、脂肪の多い部分は食べないなど、摂取のしすぎに注意しましょう。
また、脂肪を摂取しすぎないような調理方法を工夫するとよいでしょう。

一方、大腸がんのリスクを低下させる食物は、穀物、豆類、野菜など、植物繊維の多い食品や、牛乳、チーズなどの乳製品などです。
魚類には良質なたんぱく質が多く含まれていますので、積極的に摂取するようにしましょう。
あくまでもバランスのとれた食生活を続けていくことが一番大切です。

また、カルシウムやビタミンDが大腸がんの発症リスクを低下させる効果があるといわれています。
特にカルシウムの場合は、大腸がんの予防に確実にいいという研究結果も出ています。
カルシウムでは、牛乳は効果があるといわれています。
ヨーグルトも、腸の調子を整えてくれるため、積極的に摂取するとよいでしょう。
また、ビタミンCは発がん性物質を阻止する働きがあります。

便秘にならないように気をつけることも、大腸がんの予防として大切なことです。
便秘を避けるためには、食物繊維を多く含んだ食物や野菜、果物を摂取するように心がけましょう。

アルコールの過剰摂取は大腸がんにとって大敵です。
アルコールの量は控えるようにしましょう。
また、タバコの吸いすぎにも注意しましょう。

運動不足にならないように、毎日適度に体を動かしましょう。
規則正しい生活を心がけ、最低でも年に1回は定期検診を受けましょう。

がんの克服方法

大腸がんの予防方法【大腸がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ