大腸がんの原因【大腸がんの警告】

大腸がんにはこんな原因があります

大腸がんの原因は、現代の医学では、まだはっきりと解明されていないのが現状です。
はっきり解明されていないとはいえ、大腸がんが生活習慣と密接な関係にあることは事実のようです。

大腸がんはもともと欧米の国に多いがんで、これには肉食中心の欧米の食文化と大きなかかわりがあるといわれています。
日本でも、大腸がんは年々増加傾向にありますが、これは私たちの食生活が変化し、欧米化してきたことが大きな原因として指摘されます。
つまり、肉食中心の食生活による動物性脂質や、動物性たんぱく質の摂取量の増加です。
動物性脂質を多く摂取すると、大腸の中に便がたまる時間が長くなります。
そうすることで、便に含まれる発がん性物質などが大腸の粘膜に付着してしまう機会も多くなります。
その結果、大腸がんにかかりやすくなるといわれています。

食生活の面からみると、肉食主体の食生活に加え、野菜などの植物繊維や炭水化物の摂取量が減ったこともあげられます。
食物繊維不足は便秘を引き起こし、大腸の中に便を長時間ためこむことになり、腸内環境が悪化します。
結果として大腸がんにかかりやすくなるのです。

また、脂肪を消化する際には、胆汁の分泌が増加すると言われます。
胆汁の分泌が増えることにより、腸内で発がん性の物質ができやすくなります。

その他の原因としては、大腸がんにかかわらずすべてのがんに共通することですが、タバコの吸いすぎやアルコールの過剰摂取などによる生活習慣の乱れなどが考えられます。

がんの克服方法

大腸がんの原因【大腸がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ