がん情報センター

炎症性乳がんにはこんな手術方法があります

炎症性乳がんは、乳房皮膚のリンパ管の中にがん細胞がびっしりと入り込むように増殖していきます。
腫瘍となってあらわれないことが多いため、乳房の切除範囲を判断することも非常に難しくなります。
そのため、手術によりがん細胞をすべて取り除くことは非常に困難になります。

炎症性乳がんの治療は、基本的には抗がん剤投与による化学療法や放射線療法を行なっていくことになりますが、手術を行なう前に抗がん剤治療などによって治療を行なった後に手術により切除を行なうことが可能なケースもあります。
その場合は、がんの進行度によっても手術方法は異なってきます。

乳房部分切除術は乳房部分切除術とも呼ばれます。
乳頭を中心に、がんを扇形に切除します。
しこりが大きい場合や、乳腺内までがんが広がっている場合には、この方法は適用できません。
手術後には引き続き放射線治療を行なっていき、がんの再発を防ぎます。

そのほかには、がんの進行具合により、がんのできた方の乳房をすべて切除する単純乳房切除術や、乳房とリンパ節も一緒に切除する胸筋温存乳房切除術などがあります。

しかし、炎症性乳がんの場合は、手術は不可なケースが多く、たとえ手術を行なったとしても、がんがすでに浸潤してしまっていてすべて取り除くことはできないことが多くなります。
また、手術により、さらに悪化させてしまう場合もあります。
そのため、炎症性乳がんは、手術は行なわずに治療を行なっていくのが一般的です。

がんの克服方法

炎症性乳がんの手術方法【炎症性乳がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ