炎症性乳がんの名医【炎症性乳がんの警告】

炎症性乳がんにはこんな名医があります

炎症性乳がんは非常に診断の難しいがんです。
乳腺炎の症状と非常によく似ているため、近くの産婦人科のクリニックで乳がん検査を受けても、乳腺炎だと誤診されるケースもあります。
しかし、抗生物質などいくら治療を行なっても症状が良くならない場合は、がんの可能性を疑ってみなければなりません。
そして、精密な検査をしてもらうためには、大きな病院の乳腺外科を紹介してもらいましょう。

生検などの精密検査により炎症性乳がんであると判明した場合にはすぐに治療を開始しなければなりません。
炎症性乳がんの場合、手術で治療を行なえるケースは限られ、通常は化学療法や放射線療法により治療を行なっていくことになります。
実際の治療を行なうのは、腫瘍内科の専門医にお願いすることになるでしょう。
治療を行なう前には、治療方針について詳しく説明を受けることが大切です。
治療方針についてどうしても納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを聞くことも考えましょう。

現在では、抗がん剤の開発が進み、治療の難しかった炎症性乳がんも治療成果に期待ができるようになりました。
抗がん剤には分子標的薬のハーセプチンにナベルビンという抗がん剤を併用した併用療法が行なわれます。
患者によっては、この抗がん剤療法が有効であるという反応が出て、治療効果がはっきりとあらわれるケースもあります。

治療を行なうにあたっては、治療の経過を観察しながら、主治医と相談して行なっていくことになります。
その意味でも、主治医との連携がとても大切になります。

がんの克服方法

炎症性乳がんの名医【炎症性乳がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ