炎症性乳がんの治療方法【炎症性乳がんの警告】

炎症性乳がんにはこんな治療方法があります

炎症性乳がんの主な治療方法は、化学療法、放射線療法、ホルモン療法などです。
どの治療方法を行なうかは、がんの進行度や患者の状態によっても異なってきます。
通常は、いくつかの治療方法を組み合わせて治療を行なう集学的療法が行なわれます。

炎症性乳がんの場合、発見されたときはすでに他の部位に転移しているケースが多くなります。
がんが全身に転移するなど、かなり進行してから発見されることも多く、手術だけで治療を行うことは難しくなります。
また、炎症性乳がんの場合、乳房皮膚のリンパ管の中にがん細胞がびっしりと入り込むように増殖していきます。
乳房の切除範囲を判断することも非常に難しくなり、手術によりがん細胞をすべて取り除くことは非常に困難になります。

炎症性乳がんの治療は、最初に手術は行なうことはほとんどありません。
手術により腫瘍部分をすべて摘出することは難しいからです。
炎症性乳がんの治療は基本的には、抗がん剤による化学療法を行なっていきます。
まず抗がん剤を用いた化学療法を行い、その後引き続いて放射線療法を行なっていく治療法が一般的です。
たとえ手術が可能な場合でも、手術前に化学療法や放射線療法を行なってから手術を行なうのが一般的です。
最近では、抗がん剤の進歩、開発により、治療の成果も期待できるようになりました。
また、症状を和らげる目的で、手術や放射線療法が行なわれることもあります。

がんの克服方法

炎症性乳がんの治療方法【炎症性乳がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ