炎症性乳がんの予防方法【炎症性乳がんの警告】

炎症性乳がんにはこんな予防方法があります

日本人女性の場合、乳がんを発症する確率は、25人から30人に1人の割合であるといわれています。
男性でも乳がんを発症する人はいますが、確率は非常に低くなります。

乳がんの発症率を高くするといわれているものとして、高脂質の食事、飲酒、喫煙などの生活習慣があげられます。
これらの生活習慣を改めることによって、乳がんの発症を予防することが可能です。
また、乳がんと運動との関係も明らかになっています。
毎日適度な運動をし、肥満傾向にならないようにすることで、乳がんの予防効果があるといえます。

一方、炎症性乳がんは、検査が難しいがんであるといえます。
症状が似ていることから、乳腺炎などの病気と誤診されてしまうケースもあるため、検査は精密に行う必要があります。
また、炎症性乳がんは腫瘍ができないことが多いため、マンモグラフィや超音波検査で発見されないこともあります。
正確な検査のためには、生検を行う必要があります。
生検とは、がんの組織を採取して、それを顕微鏡で調べて検査する方法です。
また、がん細胞がリンパ節に転移しているかどうかを検査するためにも用いられる方法です。
正確な検査をしてもらうためにも、検査は産婦人科などの小さなクリニックではなく、大きな病院の乳腺外科の専門医に検査してもらうのがよいでしょう。
皮膚が赤く腫れあがったなど、少しでも異変を感じたら、すぐに病院に行って検査を受けることが重要です。
できるだけ早期に治療を行うことで、治癒率も異なってきます。

がんの克服方法

炎症性乳がんの予防方法【炎症性乳がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ