がん情報センター

炎症性乳がんにはこんな原因があります

炎症性乳がんを含む乳がんを発症する原因はいくつか考えられます。
乳がんの発症するリスクは年齢の増加とともに高くなる傾向があります。

閉経年齢が高い人や、初潮年齢が低い人は、発症リスクも高くなると考えられています。
また、妊娠や出産の経験のない女性のほうが、経験のある女性よりも乳がん発症のリスクは高くなります。
妊娠や出産の経験がない女性は、女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けやすくなり、その結果、乳がんを発症しやすくなるのです。

出産年齢の高齢化も要因のひとつとして考えられます。
エストロゲンは10代から20代の間に最も多く分泌されるため、この時期に出産をするとエストロゲンの影響を受けにくくなり、反対に高齢出産になるほどエストロゲンの影響を受けやすくなるのです。
更年期障害の治療などで、エストロゲンなどの女性ホルモンを投与するホルモン療法を行なっている人も、発症率が高くなります。

乳がんの発症には、遺伝的要因も関係していると考えられています。
家族や血縁関係にある親戚の中に乳がんを発症した人がいる人は、そうではない人に比べて発症リスクも高くなります。

その他、乳がん発症のリスクを高くする要因として、生活習慣があげられます。
高脂質、高たんぱくの食事を多く摂る傾向のある人や肥満傾向の人はリスクが高くなります。
また、アルコールを過剰摂取する人も要注意です。
喫煙も発症率を高くする要因となります。
生活習慣全般にわたって、長年不規則な生活を送っている人は、乳がんの発症率を高くしていると思われます。

がんの克服方法

炎症性乳がんの原因【炎症性乳がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ