がん情報センター

炎症性乳がんにはこんな症状があります

炎症性乳がんは乳がんの中でも1~4パーセントの発症率の、きわめてまれながんです。
炎症性乳がんの症状は通常の乳がんの症状とは異なります。
通常の乳がんがしこりなどの硬い異物感を感じるのに対し、炎症性乳がんの場合は皮膚が赤くなったり、痛みを伴ったりといった症状があらわれます。
皮膚が赤くなった部分に熱を感じる場合も多くなります。
皮膚が赤くなる、腫れる、熱を持つ、痛むというのは、炎症の4大兆候です。

炎症性乳がんの症状は、乳腺炎の症状と非常に良く似ているため、乳腺炎あるいは乳輪下膿瘍だと間違って診断されてしまうこともあります。
このような症状があらわれるのは、がん細胞がリンパ管の中に入り込んで増殖し、そのせいでリンパ管がつまってリンパ液の流れが止まることにより生じます。
炎症性乳がんの場合でも、しこりを感じることもあります。

治療が遅れて他の部分に転移してしまう危険もあるため、診断は正確にしてもらう必要があります。
炎症性乳がんは乳がんでは珍しく進行が早いがんです。
他の部位にも転移しやすく、悪性度の高いがんです。
実際、炎症性乳がんの場合、発見されたときにはすでに進行が進んでいて、他の部位にも転移が見られるケースが多くなります。

がんの克服方法

炎症性乳がんの症状【炎症性乳がんの警告】記事一覧

炎症性乳がんの原因【炎症性乳がんの警告】

炎症性乳がんを含む乳がんを発症する原因はいくつか考えられます。乳がんの発症するリスクは年齢の増加とともに高くなる傾向があります。閉経年齢が高い人や、初潮年齢が低い人は、発症リスクも高くなると考えられています。また、妊娠や出産の経験のない女性のほうが、経験のある女性よりも乳がん発症のリスクは高くなりま...

≫続きを読む

炎症性乳がんの予防方法【炎症性乳がんの警告】

日本人女性の場合、乳がんを発症する確率は、25人から30人に1人の割合であるといわれています。男性でも乳がんを発症する人はいますが、確率は非常に低くなります。乳がんの発症率を高くするといわれているものとして、高脂質の食事、飲酒、喫煙などの生活習慣があげられます。これらの生活習慣を改めることによって、...

≫続きを読む

炎症性乳がんの治療方法【炎症性乳がんの警告】

炎症性乳がんの主な治療方法は、化学療法、放射線療法、ホルモン療法などです。どの治療方法を行なうかは、がんの進行度や患者の状態によっても異なってきます。通常は、いくつかの治療方法を組み合わせて治療を行なう集学的療法が行なわれます。炎症性乳がんの場合、発見されたときはすでに他の部位に転移しているケースが...

≫続きを読む

炎症性乳がんの名医【炎症性乳がんの警告】

炎症性乳がんは非常に診断の難しいがんです。乳腺炎の症状と非常によく似ているため、近くの産婦人科のクリニックで乳がん検査を受けても、乳腺炎だと誤診されるケースもあります。しかし、抗生物質などいくら治療を行なっても症状が良くならない場合は、がんの可能性を疑ってみなければなりません。そして、精密な検査をし...

≫続きを読む

炎症性乳がんの手術方法【炎症性乳がんの警告】

炎症性乳がんは、乳房皮膚のリンパ管の中にがん細胞がびっしりと入り込むように増殖していきます。腫瘍となってあらわれないことが多いため、乳房の切除範囲を判断することも非常に難しくなります。そのため、手術によりがん細胞をすべて取り除くことは非常に困難になります。炎症性乳がんの治療は、基本的には抗がん剤投与...

≫続きを読む

炎症性乳がんの克服方法【炎症性乳がんの警告】

炎症性乳がんの5年後の生存率は約30%であるといわれています。もちろん、生存率は患者の進行度や状態によっても異なってきます。炎症性乳がんは進行も速く、他の部位に転移しやすい悪性度が高いがんとされており、生存率も低くなります。しかし、最近では、抗がん剤の開発などの技術進歩により、治療の成績も年々改善の...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ