歯肉がんの名医【歯肉がんの警告】

歯肉がんにはこんな名医があります

歯肉がんの治療は、手術により腫瘍を切除するほか、顎の骨も切除するケースが多いため、骨の再建術が必要になります。
また、特に下顎の骨を切除した場合、術後は咀嚼が不便になることから、ものを食べることが難しくなります。
かみ合わせや入れ歯、栄養面など、さまざまな方面からサポートを行なっていく必要があります。
一方、上顎の骨を切除した場合は、再建術が難しいため、再建術の代わりに特殊な入れ歯を作る場合があります。

このように、歯肉がんの治療を行っていくには、さまざまなな分野のエキスパートがそれぞれ連結し、協力しながらスムーズに治療をおこなっていく必要があります。
手術を行なう外科医はもちろん、放射線治療を行う放射線科医、また腫瘍内科医などが協力しながら治療にあたっていくことが必要です。
そのほか、歯科医、歯科衛生士、嚥下療法士、栄養士、薬剤師、看護士など、実に様々な分野のエキスパートの協力が不可欠になります。

歯肉がんを治療してくれる医療機関を探すときには、これらのことを踏まえ、病院を選択することが大切です。
たとえ手術の技術がどんなに優れていても、術後のサポート体制がうまく整っていなければ、その後の生活の質を低下させてしまうことにつながります。

治療をはじめるにあたっては、主治医から治療方針についての説明を詳しくしてもらい、疑問に思う点があればなんでも相談しておかなければなりません。
口腔機能をできるだけ温存させるように治療を行っていく上で、どうしても治療方針に納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを聞くのがいいでしょう。
患者本人が納得した上で、患者本人の意思で決定してから治療を行っていくことが大切です。

がんの克服方法

歯肉がんの名医【歯肉がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ