歯肉がんの治療方法【歯肉がんの警告】

歯肉がんにはこんな治療方法があります

歯肉がんの治療方法には、外科療法、放射線療法、化学療法などがあります。
どのような治療方法を選択するかは、がんの進行度ががんの大きさによって異なってきます。
また、がんのできた部位によっても治療方法は異なってきます。
通常、がんの大きさと転移の有無などのよって、がんの進行度をいくつかの段階に分類します。
そして、それぞれに分類した段階に応じて治療が行われることになります。
歯肉がんの場合、遠隔転移をすることはほとんどありませんが、近くのリンパ節に転移するケースは多くなります。

ごく初期の段階の歯肉がんの場合は、放射線治療のみで治癒する場合もあります。
しかし、歯肉がんの場合、多くが上顎、あるいは下顎の骨にまでがんが浸潤してしまっているケースのため、基本的には手術による外科治療が行われます。
歯肉がんの治療は、手術、放射線療法、化学療法を組み合わせて行なわれます。

放射線療法は、初期の段階では比較的治療効果が期待できますが、がんが進行し、顎の骨の内部にまで深く浸潤してしまった場合は、あまり効果を期待することはできません。

抗がん剤投与による化学療法は、それだけ単体で行なわれることはほとんどありません。
しかし、歯肉がんの種類によっては、抗がん剤がかなり有効なケースもみられます。
上顎にがんが出来た場合は、顎動脈にチューブを留置して、そこから抗がん剤を流していく動注療法と呼ばれる治療が行われることもあります。
抗がん剤による化学療法は、通常放射線療法などと組み合わせて行なっていきます。

がんの克服方法

歯肉がんの治療方法【歯肉がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ