歯肉がんの原因【歯肉がんの警告】

歯肉がんにはこんな原因があります

歯肉がんを発症する原因として考えられることはいくつかあります。
歯肉がんの発症は、他の口腔がんと同様に、環境による要因が強く影響を受けるのが特徴です。

まず、他の口腔がんと同様、アルコールやタバコを習慣的に過剰摂取していることが、歯肉がん発症のリスクを高めると考えられています。
過度の飲酒や喫煙による刺激が長期間続くことでがんを発症しやすくなります。
喫煙の場合、タバコに含まれる発がん性物質が歯肉の粘膜の細胞を傷つけ、その結果細胞ががん化しやすくなるとされています。

口腔内をいつも不潔にしている状態を長い間続けていると、歯肉がんを発症しやすくなります。
虫歯、歯石などがいつもある状態が続く、入れ歯が合わない、歯のかみ合わせが悪い、あるいは歯に入れている金属が歯にひっかかる、などのことが原因で歯茎を長期間にわたって傷つけ、刺激を与えることが続くすることにより、がんを発症しやすくなると考えられます。
歯肉炎や歯周病などの病気にかかっている人も、歯肉がんを発症するリスクが高くなります。
慢性の炎症などが長い間続くことで、歯茎の粘膜細胞ががん化しやすくなり、歯肉がんを発症することになるのです。

年齢別で見ると、40歳以上に発症する人が多くなります。
性別では、女性よりも男性のほうに多く発症がみられます。

がんの克服方法

歯肉がんの原因【歯肉がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ