歯肉がんの症状【歯肉がんの警告】

歯肉がんにはこんな症状があります

歯肉がんは歯茎にできるがんです。
歯肉がんは、口腔がんの中では舌がんの次に多いがんです。

歯肉がんは、上あごの歯茎と下あごの歯茎とにできますが、下あごの歯茎に発生するほうが多くなります。
がんが上あごの歯茎にできたか、下あごの歯茎にできたかによっても症状は異なってきます。

歯肉がんの初期の症状としては、歯茎の腫れ、歯の痛み、などの症状があらわれます。
これらの症状は、歯茎の炎症による症状とよく似ています。

歯肉がんが進行すると、しこりのようなものとなって腫瘍になります。
歯茎が出血したり、歯茎から悪臭が出たりすることがあります。
また、神経痛のような痛みを感じることもあります。

がんがさらに進行し、腫瘍が大きくなってくると、がんは歯の周りの骨にまで広がっていきます。
歯肉がんの場合、がんが上顎骨、または下顎骨へと広がっていくことで骨が破壊されていきます。
そのために歯がぐらついたり、抜けたり、ゆるんだりといった症状があらわれることがあります。
ぐらついた歯の周りの歯肉が盛り上がったり、上皮に腫瘍が見つかることもあります。
また、抜歯をした後、何週間たっても治らない場合も、歯肉がんの疑いがあります。

歯肉がんがさらに進行すると、リンパ節にまで転移することもあります。
がんはさらに、頬、口蓋、口腔底にまで浸潤するようになります。

がんの克服方法

歯肉がんの症状【歯肉がんの警告】記事一覧

歯肉がんの原因【歯肉がんの警告】

歯肉がんを発症する原因として考えられることはいくつかあります。歯肉がんの発症は、他の口腔がんと同様に、環境による要因が強く影響を受けるのが特徴です。まず、他の口腔がんと同様、アルコールやタバコを習慣的に過剰摂取していることが、歯肉がん発症のリスクを高めると考えられています。過度の飲酒や喫煙による刺激...

≫続きを読む

歯肉がんの予防方法【歯肉がんの警告】

歯肉がんの発症は、生活習慣など環境的な要因と深く関係があるといわれています。特に喫煙、過度の飲酒は、歯肉がんを発症するリスクを大きくする要因です。ヘビースモーカーで常にアルコールを多く摂取する習慣のある人は、特に発症リスクが高くなると思われます。喫煙や飲酒はできるだけ控えるようにしましょう。歯肉炎や...

≫続きを読む

歯肉がんの治療方法【歯肉がんの警告】

歯肉がんの治療方法には、外科療法、放射線療法、化学療法などがあります。どのような治療方法を選択するかは、がんの進行度ががんの大きさによって異なってきます。また、がんのできた部位によっても治療方法は異なってきます。通常、がんの大きさと転移の有無などのよって、がんの進行度をいくつかの段階に分類します。そ...

≫続きを読む

歯肉がんの名医【歯肉がんの警告】

歯肉がんの治療は、手術により腫瘍を切除するほか、顎の骨も切除するケースが多いため、骨の再建術が必要になります。また、特に下顎の骨を切除した場合、術後は咀嚼が不便になることから、ものを食べることが難しくなります。かみ合わせや入れ歯、栄養面など、さまざまな方面からサポートを行なっていく必要があります。一...

≫続きを読む

歯肉がんの手術方法【歯肉がんの警告】

歯肉がんの手術方法は、がんができた部位によって異なってきます。歯肉がんの場合、治療を行うときにはすでに、がんが発生した部分によって、上顎骨、あるいは下顎骨にまでがんが浸潤しているケースが多いことから、手術は腫瘍部分のみではなく上顎の骨、あるいは下顎の骨も同時に切除することになります。がんが周囲のリン...

≫続きを読む

歯肉がんの克服方法【歯肉がんの警告】

歯肉がんの予後の経過は一般的に不良であるといわれています。これは、歯肉がんは、歯茎のまわりの顎の骨の部分に、早い時期から腫瘍が浸潤しやすいからです。また、歯肉がんの場合、あごや首のリンパ節などへの転移もよく見られます。歯肉がんの5年後の生存率は、腫瘍が比較的小さく、転移が見られない場合には約80%に...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ