食道がんの手術方法【食道がんの警告】

食道がんにはこんな手術方法があります

食道がんの治療でやはり中心となる方法は、外科手術です。
一般的な手術では、がん細胞と食道の切除を行うと同時に、同時にリンパ節の切除も行います。
食道がんのリンパ節切除は、がんの再発を防ぐために非常に重要になり、食道がんのできた部位により、切除するリンパ節群が決められています。

食道を切除後は、食道のかわりのバイパスを作る再建手術を行います。
通常は胃を食道の代わりとして使います。

外科手術は、がんのできた部位により、頸部、胸部、腹部とその方法も異なってきます。
もっとも多い切除手術は、胸部食道がんです。
胸部食道がんは胸を大きく開き、食道をほぼ全部切除し、周りのリンパ節も広範囲にわたって切除します。
そして、食道の再建術は、胃をのどまで引き上げて行います。

頚部のみの場合は、頸部食道のみを切除し、同時に頸部リンパ節の切除(リンパ節郭清)を行います。
食道の代わりには、小腸の一部を移植し、食道として再建します。

腹部食道がんは胃の下部にできたがんのことです。
食道がんの中ではもっとも少なくなります。
腹部食道がんの手術は、左胸から腹部にかけてを大きく開き、腹部食道から胃の噴門部までを切除します。
同時に腹部リンパ節も切除します。
手術後は、胃を上部まで引き上げ、残った食道とつなぎあわせて食物の通り道を作ります。

手術後は、しばらくの間、流動食になります。
その後、経過を見ながら普通の食事に戻していきます。
早ければ、約3ヶ月くらいで完全に社会復帰できるようになります。

がんの克服方法

食道がんの手術方法【食道がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ