食道がんの名医【食道がんの警告】

食道がんにはこんな名医があります

他のがんと同様に、食道がんの場合も初期の症状はほとんどないのが特徴ですが、中には初期症状を感じる人もいます。

食道がんの初期症状としては、のどからおなかに食べ物が落ちていくときの「しみる感じ」です。
これは、がん細胞により食道の粘膜が荒れたことにより感じる感覚異常です。
しかし、症状が進むにつれてこのしみる感じはなくなってしまいます。

さらに食道がんが進行すると、食べ物が通りにくくなります。
これは食道にできたがん細胞が盛り上がったりするため、食道の内側が狭くなるために起こります。
のどや胸のあたりに食べ物が詰まったような違和感を感じるようになります。
食道がんの場合のこの詰まる感じは、毎回同じような症状が現れるのが特徴です。
さらにがんが大きくなると、水や唾液も飲めなくなります。

さらにがんが進行すると、声がかすれたりかれたりすることがあります。
また、咳がでたり、血痰が出ることもあります。
これらの症状は一見、風邪の症状と似ています。
風邪の場合は数日間で治りますが、何日たってもいっこうによくならないようであれば、食道がんの疑いがあります。

食道がんがさらに大きくなり、食道の外壁を突き抜けると、食道の周りの肺や背骨、大動脈を圧迫するようになり、そのため、胸や背中に痛みを感じるようになります。
これらの症状はほかのがんにもみられる症状です。

がんの克服方法

食道がんの名医【食道がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ