食道がんの治療方法【食道がんの警告】

食道がんにはこんな治療方法があります

食道がんの治療は、がんがどのくらい進行しているか、リンパ節への転移はどうか、他の臓器への転移は見られるかなどによって治療方法を考えていきます。

早期の段階で食道がんを発見できた場合、主に内視鏡的粘膜切除術が行われます。
内視鏡的粘膜切除術は、口から内視鏡を入れ、食道にできたがん細胞を粘膜も一緒に切除する方法です。
外科手術に比べ、患者への体の負担も少なくて済み、1週間くらいの入院で退院できます。

食道がんがさらに進行し、リンパ節転移や食道の粘膜下層にまで広がっている場合は、内視鏡的粘膜切除術では切除しきれません。
この場合の治療法の第一の選択は外科手術になります。

外科手術が困難な場合は、放射線療法と化学療法とを組み合わせた治療が行われます。
また、再発や転移を予防するという意味でも、外科手術と併用して行われる場合もあります。

放射線療法には2つの種類があります。
ひとつは、体の外から放射線を当てて治療を行う方法で、もうひとつの方法は、食道内に直接、放射線を発生させる物質を入れて治療を行う方法です。
食道内に直接放射線をあてたほうが、患部に対してより的確な放射線照射ができます。

化学療法は、抗がん剤を投与する治療法です。
抗がん剤による治療は副作用を伴うため、慎重に行うことが重要です。

がんの克服方法

食道がんの治療方法【食道がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ