食道がんの原因【食道がんの警告】

食道がんにはこんな原因があります

食道がんは、男女別では、男性の方がかかりやすく、女性の食道がん患者の約5倍になっています。
年齢では、50歳台から60歳台の発症例が一番多いようです。

食道がんにかかる原因はいくつかあります。
タバコを吸う人は吸わない人に比べ、食道がんにかかるリスクが高くなるといわれています。
どうしてタバコが食道がんの原因になるのかといえば、タバコを吸うことにより、タバコに含まれている有害物質が食道の粘膜を刺激し、がんが発生しやすい原因を作ってしまうからです。
喫煙は肺がんの主な原因ともなるため、タバコは極力控えたいものです。

また、アルコールの過剰摂取も食道がんの原因となります。
適量のアルコールなら問題ありませんが、アルコールを過度に摂取し続けると、タバコと同様に、食道の粘膜を傷つけてしまうことになり、がん発症の原因となってしまいます。
タバコとアルコールのどちらも摂取する人は、特に食道がんにかかるリスクが高くなります。

食道の粘膜を傷つけるという意味では、熱い飲み物や辛いもののような刺激物もよくありません。
肉や魚の焦げた部分は、ニトロソアミンという物質が含まれ、食道がんにかかるリスクを高めるといわれています。

また、胃液の逆流が食道がんになる原因として考えられます。
これは、パレット食道というものです。
パレット食道とは、胃液が逆流で食道の粘膜が傷つき、それが長期間続くことによって、食道の下部の粘膜が胃の粘膜と同じになってしまうことをいいます。
パレット食道をそのままほおっておくと、かなり高い確立で食道がんにかかってしまいます。

がんの克服方法

食道がんの原因【食道がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ