食道がんの症状【食道がんの警告】

食道がんにはこんな症状があります

他のがんと同様に、食道がんの場合も初期の症状はほとんどないのが特徴ですが、中には初期症状を感じる人もいます。

食道がんの初期症状としては、のどからおなかに食べ物が落ちていくときの「しみる感じ」です。

これは、がん細胞により食道の粘膜が荒れたことにより感じる感覚異常です。

しかし、症状が進むにつれてこのしみる感じはなくなってしまいます。

さらに食道がんが進行すると、食べ物が通りにくくなります。

これは食道にできたがん細胞が盛り上がったりするため、食道の内側が狭くなるために起こります。

のどや胸のあたりに食べ物が詰まったような違和感を感じるようになります。

食道がんの場合のこの詰まる感じは、毎回同じような症状が現れるのが特徴です。

さらにがんが大きくなると、水や唾液も飲めなくなります。

さらにがんが進行すると、声がかすれたりかれたりすることがあります。

また、咳がでたり、血痰が出ることもあります。

これらの症状は一見、風邪の症状と似ています。

風邪の場合は数日間で治りますが、何日たってもいっこうによくならないようであれば、食道がんの疑いがあります。

食道がんがさらに大きくなり、食道の外壁を突き抜けると、食道の周りの肺や背骨、大動脈を圧迫するようになり、そのため、胸や背中に痛みを感じるようになります。

これらの症状はほかのがんにもみられる症状です。

≪オススメ≫
食道がんにならないよう、普段から生活習慣を見直す事って大切です。

習慣化が出来ない人は、まずは「片付け」の習慣から身に付けてみてはいかがでしょう?

自分でやっても、佐賀 粗大ゴミ回収や行政、自治体に片付けを依頼してもいいかもしれません。

がんの克服方法

食道がんの症状【食道がんの警告】記事一覧

食道がんの原因【食道がんの警告】

食道がんは、男女別では、男性の方がかかりやすく、女性の食道がん患者の約5倍になっています。年齢では、50歳台から60歳台の発症例が一番多いようです。食道がんにかかる原因はいくつかあります。タバコを吸う人は吸わない人に比べ、食道がんにかかるリスクが高くなるといわれています。どうしてタバコが食道がんの原...

≫続きを読む

食道がんの予防方法【食道がんの警告】

食道がんの最大の予防としてあげられるのは、なんといっても禁煙と禁酒です。時々適度にお酒を飲むくらいならそんなに問題はありませんが、過度な飲酒は絶対にいけません。特に、アルコール度数の強いお酒はいけません。たとえば、ウォッカやウイスキーなどをストレートで飲むのは、食道がんのリスクを高めます。また、アル...

≫続きを読む

食道がんの治療方法【食道がんの警告】

食道がんの治療は、がんがどのくらい進行しているか、リンパ節への転移はどうか、他の臓器への転移は見られるかなどによって治療方法を考えていきます。早期の段階で食道がんを発見できた場合、主に内視鏡的粘膜切除術が行われます。内視鏡的粘膜切除術は、口から内視鏡を入れ、食道にできたがん細胞を粘膜も一緒に切除する...

≫続きを読む

食道がんの名医【食道がんの警告】

他のがんと同様に、食道がんの場合も初期の症状はほとんどないのが特徴ですが、中には初期症状を感じる人もいます。食道がんの初期症状としては、のどからおなかに食べ物が落ちていくときの「しみる感じ」です。これは、がん細胞により食道の粘膜が荒れたことにより感じる感覚異常です。しかし、症状が進むにつれてこのしみ...

≫続きを読む

食道がんの手術方法【食道がんの警告】

食道がんの治療でやはり中心となる方法は、外科手術です。一般的な手術では、がん細胞と食道の切除を行うと同時に、同時にリンパ節の切除も行います。食道がんのリンパ節切除は、がんの再発を防ぐために非常に重要になり、食道がんのできた部位により、切除するリンパ節群が決められています。食道を切除後は、食道のかわり...

≫続きを読む

食道がんの克服方法【食道がんの警告】

食道がんは、進行してしまうと生存率が低くなってしまうがんです。食道がんが進行すると、その転移のスピードはとても速くなります。食道がんを克服するためには、まず早期段階でのがん発見が非常に重要になります。手術により食道がんを治すことができても、手術の際にすべて取り除いたつもりでも残っている可能性もありま...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ