神経膠腫の克服方法【神経膠腫の警告】

神経膠腫にはこんな克服方法があります

神経膠腫の現状としては、手術により腫瘍を摘出し、術後放射線療法や化学療法によって治療を行ったとしても、数ヶ月から数年後には再発してしまう可能性が高くなります。
がんが再発した場合、再び手術によりがんを摘出することは非常に難しくなる場合があります。
特に、腫瘍が運動神経や言語中枢に関係した部分に深く浸潤した場合は、再手術は難しくなります。
それでもできる限りは再手術を行い、腫瘍を摘出し、術後は放射線療法などによって再治療を行っていくことになります。
しかし、すでに先の治療において、大量の放射線を照射しているために、さらに放射線を照射することで脳に障害が生じる可能性がとても高くなってしまいます。
抗がん剤による化学療法も、行なったとしても治療の効果はあまり期待することができません。
このように神経膠腫は予後が非常に悪く、がんの進行度や患者によっても異なってきますが、5年後の生存率は約20%程度となります。
進行が進んでいた場合には、治療後約1年程度で亡くなってしまうケースが多くあります。

神経膠腫を完全に克服してしまうことはとても難しいことかもしれませんが、最後まで希望を失わずに治療を続けることが大切です。
神経膠腫の予後の生存率は、その悪性度に関係なく、最初の手術によってどれだけ腫瘍を摘出できたかによっても大きく異なってくるといわれます。
手術により腫瘍を全部摘出、あるいはできるだけ多くの腫瘍を摘出できることで、その後の経過が変わってくるということです。

治療を終えた後は、さまざまな後遺症障害に悩まされることも多いかもしれません。
しかし、リハビリを行なうなどすることで少しでも生活の質を改善するように努力をすることが大切です。
体の免疫力を高め、がんを再発させにくい体を作り、日々を前向きに元気に過ごし、がんを克服できると信じてがんばりましょう。

がんの克服方法

神経膠腫の克服方法【神経膠腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ