神経膠腫の名医【神経膠腫の警告】

神経膠腫にはこんな名医があります

神経膠腫をはじめとする脳腫瘍の手術で最も重要なことは、検査によって確認された腫瘍をすべて残らずに切除してしまうことです。
切除を行なうときには、周囲の組織を傷つけることなく行わなければなりません。
特に言語や運動などの神経を傷つけることは非常に大きな後遺症を残してしまうこととなります。
神経膠腫の手術は非常に難易度の高い手術となります。
担当する外科医は、神経膠腫の症例を多く扱ったことがあり経験と実績をもった名医にお願いしなければなりません。
また、さまざまな最新の技術を導入した手術を行なう体制の整った病院で治療をしてもうらうことが不可欠です。
たとえば、言語機能が正常かどうかを確認しながら手術を行なう覚醒手術を行なったりすることができます。
また、手術中のMRI画像を見ながら、摘出部位画像を重ね合わせながら手術を行なうこともできます。
これを術中MRIといいます。
覚醒手術や術中MRIの技術を用いて手術を行なうことで、治癒率は大きく変化し、5年後の生存率も飛躍的に向上します。
また、手術以外に抗がん剤治療などを組み合わせて治療を行っていくことになります。
そのため、手術を担当する外科医だけではなく、それぞれの治療における優秀な専門医がそろい、それぞれの専門医がうまく連携をとり、チームとなってスムーズに動いていけるような医療体制が整っていることが必要です。

主治医と治療をすすめていく場合は、治療方針をしっかりと理解しなければなりません。
考えられる後遺症の危険などもについても必ず説明をうけ、理解しておきましょう。
そして、最終的に意思決定を下すのは患者本人でなければなりません。

がんの克服方法

神経膠腫の名医【神経膠腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ