神経膠腫の予防方法【神経膠腫の警告】

神経膠腫にはこんな予防方法があります

神経膠腫などの脳腫瘍の最大の予防方法は、早期に診断を行なうことです。
そのためにも、脳に少しでも異常を感じた場合は、我慢をせずにすぐに脳の検査をしてもらう必要があります。

症状としては、頭痛、特に朝、起床するときに頭痛を感じる人は要注意です。
言語障害、運動障害、視力低下、感覚異常なども、脳腫瘍の症状の可能性があります。
あるいは、睡眠時間が増えたといったことも危険サインとなります。
これらの症状は、脳の腫瘍により脳へかかる圧力が高くなることで起こっている可能性があります。
これらの症状は、必ずしも脳腫瘍に限った症状ではないかもしれません。
しかし、脳腫瘍の疑いがある以上は、必ず診断をしてもらう必要があります。
ほおっておくととても危険な状態かもしれません。
少しでも異常を感じたらすぐに病院に行って検査をしてもらうことが予防として重要です。

環境的要因としては、化学物質の曝露が発症率を高める要因リスクとなることも考えられます。
石油系の化学物質や、殺虫剤などの物質、またはポリ塩化ビニルといった物質などです。
ポリ塩化ビニルは、ブラスティックの製造などに使われる物質です。
これらの化学物質を仕事などで扱っている人は、できるだけ曝露を避けるようにすることが予防になります。

がんの克服方法

神経膠腫の予防方法【神経膠腫の警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ