神経膠腫の原因【神経膠腫の警告】

神経膠腫にはこんな原因があります

現在のところ、神経膠腫のはっきりとした発生原因は不明です。
しかし、神経膠腫の発症には遺伝子的要因と環境的要因の両方が関係していると考えられています。

神経膠腫は腫瘍を発生する元の細胞の種類により、いくつかの種類にわけられます。
星細胞系腫瘍、乏突起膠腫、上衣腫、脈絡乳頭腫などの種類があります。
星細胞系腫瘍は原発性脳腫瘍のうちの約22%を占めます。

星細胞系腫瘍の発症原因として考えられているのが、複数のがん遺伝子やがん抑制遺伝子の異常と関連したものであるということです。
がん遺伝子とは、細胞のがん化を促進する遺伝子のことです。
一方、がん抑制遺伝子とは、がん遺伝子の細胞分裂を停止させ、傷ついた異常な遺伝子を細胞の外に出す働きをします。
このがん抑制遺伝子に何らかの原因で異常が起こり、その働きができなくなると、体内の異常遺伝子が増殖を続け、がん化することになるのです。

神経膠腫を発症させる環境的要因として現在のところはっきりとしているのは、電離放射線への曝露です。
職業により、電離放射線や特定の化学物質をいつも曝露するような環境にいる人は神経膠腫をはじめとする脳腫瘍を発症リスクが高くなります。
また、携帯電話の使用による影響についても研究が進められていますが、現在のところはまだはっきりとした関連性は見つかっていません。
神経膠腫の多くは、上記で述べた遺伝的要因と環境的要因とが重なり合って相互作用することにより発症すると考えられています。

がんの克服方法

神経膠腫の原因【神経膠腫の警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ