神経膠腫の症状【神経膠腫の警告】

神経膠腫にはこんな症状があります

神経膠腫は脳に発生する悪性腫瘍です。
神経膠腫は脳腫瘍の約30%を占める病気です。

神経膠腫の症状は2つの種類にわけられます。
ひとつは、頭蓋内圧亢進症状といい、腫瘍が大きくなることにより頭蓋骨の内部の圧が高くなることで生じます。
主な症状は、頭痛、吐き気、嘔吐、などがあげられます。
腫瘍のできる部位によっては症状がさらに深刻になり、腫瘍が小さくても頭蓋骨の内圧が極度に高くなることで意識障害や呼吸障害といった症状があらわれることがあります。

神経膠腫のもうひとつの症状は、局所症状です。
これは腫瘍のできている部位の脳が圧迫、浸潤をされ、障害を受けることにより発生する症状です。
脳は部位によってその働きが大きく異なるため、腫瘍のできた部位によって症状は大きく異なります。
運動野とよばれる運動神経がある部分に腫瘍ができると、強い運動麻痺が起こります。
また言語中枢のある部分が破壊されると、運動性失語や感覚性失語をきたします。
運動性失語をきたすと、相手の言っていることは理解できますが、自分はしゃべることができないという症状があらわれます。
感覚性失語は、相手の言っていることも理解できなくなります。
そのほか、腫瘍のできる部位によって、視覚障害、記憶障害、計算ができなくなる、性格が変わってしまうなどの障害が現れてきます。
小脳に腫瘍ができると、運動バランスに障害をきたし、まっすぐ歩けないといった歩行障害があらわれます。
すべての神経が集まる脳幹に腫瘍ができると、四肢が麻痺するといった症状が出ることになります。

がんの克服方法

神経膠腫の症状【神経膠腫の警告】記事一覧

神経膠腫の原因【神経膠腫の警告】

現在のところ、神経膠腫のはっきりとした発生原因は不明です。しかし、神経膠腫の発症には遺伝子的要因と環境的要因の両方が関係していると考えられています。神経膠腫は腫瘍を発生する元の細胞の種類により、いくつかの種類にわけられます。星細胞系腫瘍、乏突起膠腫、上衣腫、脈絡乳頭腫などの種類があります。星細胞系腫...

≫続きを読む

神経膠腫の予防方法【神経膠腫の警告】

神経膠腫などの脳腫瘍の最大の予防方法は、早期に診断を行なうことです。そのためにも、脳に少しでも異常を感じた場合は、我慢をせずにすぐに脳の検査をしてもらう必要があります。症状としては、頭痛、特に朝、起床するときに頭痛を感じる人は要注意です。言語障害、運動障害、視力低下、感覚異常なども、脳腫瘍の症状の可...

≫続きを読む

神経膠腫の治療方法【神経膠腫の警告】

神経膠腫の治療方法は、手術、放射線療法、化学療法の3つが主な治療方法です。これら以外の治療法としては、免疫療法、温熱療法、遺伝子治療などがあります。神経膠腫などの脳腫瘍の治療を行う場合、基本的には手術により腫瘍を切除することが必要です。神経膠腫の診断はX線を利用したCT検査やMRIといった画像診断で...

≫続きを読む

神経膠腫の名医【神経膠腫の警告】

神経膠腫をはじめとする脳腫瘍の手術で最も重要なことは、検査によって確認された腫瘍をすべて残らずに切除してしまうことです。切除を行なうときには、周囲の組織を傷つけることなく行わなければなりません。特に言語や運動などの神経を傷つけることは非常に大きな後遺症を残してしまうこととなります。神経膠腫の手術は非...

≫続きを読む

神経膠腫の手術方法【神経膠腫の警告】

神経膠腫の場合、原則的にはすべての場合において、腫瘍を摘出する手術を行ないます。手術の目的は、腫瘍そのものの摘出はもちろん、そのほかにも目的があります。まずは病理学的に細胞を診断することです。画像検査だけでは診断しきれない部分を、実際に細胞を採取し、顕微鏡で検査することによって明らかにすることができ...

≫続きを読む

神経膠腫の克服方法【神経膠腫の警告】

神経膠腫の現状としては、手術により腫瘍を摘出し、術後放射線療法や化学療法によって治療を行ったとしても、数ヶ月から数年後には再発してしまう可能性が高くなります。がんが再発した場合、再び手術によりがんを摘出することは非常に難しくなる場合があります。特に、腫瘍が運動神経や言語中枢に関係した部分に深く浸潤し...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ