胆嚢がんの克服方法【胆嚢がんの警告】

胆嚢がんにはこんな克服方法があります

胆嚢がんは非常に進行が速く、悪性度の高いがんです。
しかし、胆嚢がんは、がんが胆嚢内にとどまっている早期の段階に手術によりがんをすべて取り除くことができた場合、予後は良好で、5年後の生存率は約90%にも及びます。
わずかでも他の臓器への浸潤が見られた場合では、手術により摘出することができたとしても、5年後の生存率は約60%にまで下がってしまいます。
かなり進行したがんの場合には、予後は極めて不良となり、5年後生存は難しいとされています。
これらのことから、胆嚢がんは、早期に発見することがなによりも重要だということがいえます。

胆嚢がんは初期の段階では自覚症状もないため、早期に発見するのは非常に難しいのが現状です。
しかし、近年は、検査技術が進歩したおかげで、健康診断などの超音波検査の際に発見されることも増え、以前に比べて早期で発見できるケースも多くなりました。
しかし、胃がんや大腸がんに比べるとまだ治癒率は低くなるようです。

また、胆嚢がんは再発の可能性も高くなります。
たとえ手術によりがんをすべて取り除くことができたと思っていても目に見えないくらいのミクロのがんが残っている可能性があるのです。
再発を予防して完全に克服するためには、定期的な検査は必ず受けるようにしなければなりません。

再発を予防するには、がんを発症しにくい体を作る努力をすることが大切です。
免疫力をつけて、がん細胞が増殖しにくい体を作りましょう。
胆嚢がんを発症しやすくさせるのは、高脂肪、高コレステロールなどの食生活です。
食物繊維やビタミンを多く摂取し、栄養のバランスの取れた食生活を送ることが大切です。
決して肥満にならないように注意し、適度に運動をすることが重要です。

がんの克服方法

胆嚢がんの克服方法【胆嚢がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ