胆嚢がんの名医【胆嚢がんの警告】

胆嚢がんにはこんな名医があります

胆嚢がんは進行も速く悪性度も高い、非常に難しい病気です。
しかも、胆嚢がんを発症する患者の数は非常に少ないため、症例も決して多いとはいえません。
胆嚢がんの治療を行うには、胆嚢がんの治療において経験と実績のある医療機関や医師を探さなければなりません。

すでに他の臓器にがんが浸潤してしまっている場合、胆嚢がんの手術は非常に大がかりな大手術となります。
また、肝臓への浸潤が深い場合は、さらに肝臓を広い範囲で切除する必要があります。
このような拡大手術は決して安全とはいえず、手術は相当に難易度の高いものとなります。
手術の規模が大きくなればなるほど、危険度も大きくなります。
そして大手術を行なったとしても、胆嚢がんの手術による治癒率は決してよいとはいえないのが現状です。

医療機関によっては手術の安全性を高めるためにさまざまな工夫をしているところもあります。
そのひとつが門脈塞栓術です。
これは手術により肝臓の葉切除が必要な場合、手術前に前もって門脈を閉塞させることで、残す側の肝臓の機能を高めておこうとするものです。
胆嚢がんの患者の大部分は黄疸をおこしているため、肝臓の機能が弱くなっています。
ここで肝臓を半分切除してしまうと、手術後に肝不全を起こす危険性があるのです。
この門脈塞栓術を行なうことにより、その危険性を少なくすることが可能になります。
しかし、この手術を行なうと、手術を2回することになるため、患者の体への負担も相当大きくなることが指摘されます。

大規模な手術をする必要のある患者は、手術を行なう前には主治医とじっくりと話し合ってから決めることが大切です。
いくら優れた技術をもった外科医に手術をお願いすることができたとしても、特に、体力に自信のない高齢の患者の場合は、手術に耐えられないことも考えられます。
その場合は、患者の状態に応じた治療方法を選択していくことになります。
医師は、治療はあくまでも患者の意思を尊重しながらも、その患者の状態をしっかりと把握しながら治療方針を考えていかなければなりません。

がんの克服方法

胆嚢がんの名医【胆嚢がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ