胆嚢がんの治療方法【胆嚢がんの警告】

胆嚢がんにはこんな治療方法があります

胆嚢がんの治療方法には、外科療法、放射線療法、化学療法などがあります。
がんの大きさや進行度によって、どの治療方法を行なっていくかを選択していきます。

胆嚢がんの病期は進行度によって4つのステージにわけられます。
治療はそれぞれのステージに応じて行われます。
ステージ1は、比較的早期の段階で、がんが胆嚢内にとどまっている状態です。
ステージ2は、がんが胆嚢の周囲のごく一部の組織にまで浸潤しているものです。
リンパ節転移がみられる場合も含めます。
ステージ3は、がんが胆嚢のさらに周囲にまで広く浸潤している状態です。
肝臓や胆管などの臓器にまで浸潤しており、リンパ節転移もみられます。
ステージ4は、胆嚢の外の臓器にまで浸潤している状態です。
肝臓などの臓器にも深く浸潤しており、また遠隔転移もみられます。

胆嚢がんの治療に関しては、外科療法がもっとも有効な治療方法です。
外科治療は、がんの進行度に応じて、切除範囲を決めていきます。

放射線治療については、胆嚢がんの場合はほとんどが腺がんのため、放射線治療の効果はあまり期待することができないとされています。
また、胆嚢の近くには非常に重要な臓器がいくつかあるため、大量に放射線を照射してしまうと、それらの臓器に悪影響を与えてしまうことにつながります。
そのため、放射線治療を行う場合には、特に注意が必要です。
そのほか、放射線治療は、黄疸症状を緩和する目的で行なわれる場合もあります。
放射線治療を行うことにより、胆管閉塞が改善される可能性があります。

抗がん剤による化学療法は、胆嚢がんの治療にはほとんど効果が期待できないといわれています。
抗がん剤の開発により、効果が期待できる抗がん剤もありますが、まだ標準治療にはなっていません。

がんの克服方法

胆嚢がんの治療方法【胆嚢がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ