胆嚢がんの予防方法【胆嚢がんの警告】

胆嚢がんにはこんな予防方法があります

胆嚢は肝臓の後ろのほうに隠れています。
胆嚢がんは、初期の段階ではこれといった自覚症状もないため、どうしても発見が遅れがちになります。
しかし、最近では健康診断や人間ドッグなどの検査の際に超音波検査により発見されることも多くなりました。
健康診断の際に発見されるケースは、ほとんどがまだ自覚症状のない早期の段階です。
早期に発見することができれば、早期に治療を行うことができ、それだけ治癒できる確率も高くなります。
早期発見、早期治療のためにも、年に一度は必ず健康診断を受けるようにし、人間ドッグなどの検査も積極的に受けるようにしましょう。

胆嚢がんを発症する要因リスクとして、胆石や胆嚢炎との関係があります。
このため、胆石や胆嚢炎を発症しないようにすることが、胆嚢がんを発症させない予防策となります。

胆石を予防するためには、食生活に気をつけることが大切です。
脂肪分の多い食べ物、肉類、高コレステロールの食べ物を食べ過ぎないようにしましょう。
肥満にならないようにすることが大切です。
栄養のバランスには気を配り、野菜などの食物繊維やビタミンを多く摂取するようにします。
適度な運動をして、規則正しい生活を心がけます。
また、糖尿病にかからないように予防することも大切です。
これらの生活習慣の改善により、胆石を発症するリスクを低くすることができます。

がんの克服方法

胆嚢がんの予防方法【胆嚢がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ