胆嚢がんの原因【胆嚢がんの警告】

胆嚢がんにはこんな原因があります

胆嚢がんはがんの中でも非常にまれながんです。
胆嚢がんを発症する確率は年齢別でみると50歳以降に高くなり、70歳台でピークになります。
このことから、加齢が胆嚢がんを発症する要因リスクとなることがあげられます。
男女別でみると、男性よりも女性の方が発症率が高くなり、女性は男性の約1.5倍~2倍の発症率になります。
女性で高齢の人は特にリスクが高くなると思われます。

胆嚢がんを発症する要因としてあげられるのが、胆石との関係です。
実際、胆嚢がんの患者のうち約60%が胆石を合併しているということがわかっています。
このため、胆石によるなんらかの影響が、胆嚢がんを発症することと深く関係しているということがいえます。
しかし、逆に、胆石を患っている人が胆嚢がんを合併する確率は5%以下と、非常に低いということがわかっています。
このことから、胆嚢がんを発症する原因は、胆石そのものではなく胆汁の変化や胆嚢の炎症がかかわっているのではないかと考えられています。

膵管胆管合流異常も胆嚢がんの発症要因のひとつと考えられています。
膵管胆管合流異常とは、膵液が小腸へ流れずに胆道内へ逆流することによりおこる病気です。
膵管胆管合流異常の人が胆嚢がんを発症する確率は約10%~20%となっています。

がんの克服方法

胆嚢がんの原因【胆嚢がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ