胆嚢がんの症状【胆嚢がんの警告】

胆嚢がんにはこんな症状があります

胆嚢がんは胆嚢、または胆嚢管から発生するがんです。
胆嚢は肝臓から分泌された胆汁を一時的に貯留しておく場所です。

胆嚢がんは初期の段階ではほとんど症状があらわれません。
そのため発見が遅れてしまうことも多くあります。
初期の段階でも、胆石や胆嚢炎を合併している人は、発熱や上腹部の痛みといった症状があらわれることがあります。

進行が進むといくつかの症状がみられるようになります。
主な症状としては、腹痛と黄疸があげられます。
腹痛は最もよく見られる症状で、上腹部の辺りや右の肋骨の下あたりに鈍い痛みを感じます。
また胆石を合併している場合は、背中にかけて痛みを伴ったり、強い痛みを感じたりします。

黄疸は、皮膚や目の白い部分などが黄色化する症状です。
黄疸は、胆汁の通路である胆管が塞がってしまうことにより、胆汁がうっ滞し血管内に逆流することによりおこります。
黄疸は皮膚のかゆみを伴うこともあります。
そのほかにも胆管が閉塞されることにより、便が白っぽくなったり(白色便)、黄疸尿といって尿が茶色っぽくなったりすることもあります。

食欲不振や体重減少といった症状があらわれることもあります。
また、右の肋骨の下に腹部にしこりのような腫瘤を感じることもあります。

胆嚢がんの症状は、胆嚢がんに限定された症状ではなく、その他の病気の症状とも似ています。

がんの克服方法

胆嚢がんの症状【胆嚢がんの警告】記事一覧

胆嚢がんの原因【胆嚢がんの警告】

胆嚢がんはがんの中でも非常にまれながんです。胆嚢がんを発症する確率は年齢別でみると50歳以降に高くなり、70歳台でピークになります。このことから、加齢が胆嚢がんを発症する要因リスクとなることがあげられます。男女別でみると、男性よりも女性の方が発症率が高くなり、女性は男性の約1.5倍~2倍の発症率にな...

≫続きを読む

胆嚢がんの予防方法【胆嚢がんの警告】

胆嚢は肝臓の後ろのほうに隠れています。胆嚢がんは、初期の段階ではこれといった自覚症状もないため、どうしても発見が遅れがちになります。しかし、最近では健康診断や人間ドッグなどの検査の際に超音波検査により発見されることも多くなりました。健康診断の際に発見されるケースは、ほとんどがまだ自覚症状のない早期の...

≫続きを読む

胆嚢がんの治療方法【胆嚢がんの警告】

胆嚢がんの治療方法には、外科療法、放射線療法、化学療法などがあります。がんの大きさや進行度によって、どの治療方法を行なっていくかを選択していきます。胆嚢がんの病期は進行度によって4つのステージにわけられます。治療はそれぞれのステージに応じて行われます。ステージ1は、比較的早期の段階で、がんが胆嚢内に...

≫続きを読む

胆嚢がんの名医【胆嚢がんの警告】

胆嚢がんは進行も速く悪性度も高い、非常に難しい病気です。しかも、胆嚢がんを発症する患者の数は非常に少ないため、症例も決して多いとはいえません。胆嚢がんの治療を行うには、胆嚢がんの治療において経験と実績のある医療機関や医師を探さなければなりません。すでに他の臓器にがんが浸潤してしまっている場合、胆嚢が...

≫続きを読む

胆嚢がんの手術方法【胆嚢がんの警告】

胆嚢がんの手術は、がんの進行度によって切除する範囲を決めていきます。がんが比較的早期に段階で、胆嚢内にとどまっている場合は、胆嚢のみを切除します。がんが胆嚢内に治まっているステージ1の段階では、手術によりがんをすべて摘出することができれば、治癒率は90%にも及びます。がんがさらに進行し、胆嚢の周囲の...

≫続きを読む

胆嚢がんの克服方法【胆嚢がんの警告】

胆嚢がんは非常に進行が速く、悪性度の高いがんです。しかし、胆嚢がんは、がんが胆嚢内にとどまっている早期の段階に手術によりがんをすべて取り除くことができた場合、予後は良好で、5年後の生存率は約90%にも及びます。わずかでも他の臓器への浸潤が見られた場合では、手術により摘出することができたとしても、5年...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ