扁平上皮がんの克服方法【扁平上皮がんの警告】

扁平上皮がんにはこんな克服方法があります

肺扁平上皮がんは、他の肺がんの種類と比べると、リンパ節転移や遠隔転移の頻度は低くなります。
そのため、肺扁平上皮がん術後の5年後生存率も40%前後となり、肺がんの中ではもっとも良い結果になるといわれています。
比較的生存率の良いがんとはいっても、早期発見し早期治療するに越したことはありません。
早期発見、早期治療により、感知することも可能になるのです。

治療が成功し、がんが治ったとしても、その後の生活において注意しなければならないことがあります。
これまで、喫煙、飲酒を習慣としていた人は、今後は禁煙をし、アルコールも控えなければなりません。
治療後も、治療前と同じような生活習慣を送っていたら、またいつがんが再発するかわかりません。
がんを完全に克服するためにも、規則正しい生活習慣を心がけましょう。
そして、再発を防止するために、定期的に検査を受けなければなりません。

食道がんの場合も、昔は食道がんといえば生存率の低い難しいがんでしたが、現在では治療技術も進歩し、早期に見つかった場合はほぼ完治できるようになりました。
実際、がん細胞が粘膜内だけにとどまる場合は、内視鏡による治療ができ、98%は治るといわれています。
早期に発見ができ、早期治療により食道がんを治すことができた場合は、肺がんのケースを同じで、治療後の生活習慣を気をつける必要があります。

肺がん、食道がん共に、がん発症の最大のリスクとなるタバコとアルコールは控える必要があります。
規則正しい生活を送ることで、がん細胞に対する体の免疫力も高まり、がんになりにくい体質に変えることができます。
生活習慣を改善し、日々を健康に過ごすことが、がんを克服することにつながるでしょう。

がんの克服方法

扁平上皮がんの克服方法【扁平上皮がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ